actions

偽ドミトリー2世

ファイル:Pseudo-Dimitrij.jpg
偽ドミトリー2世

偽ドミトリー2世(にせドミトリーにせい)(ロシア語: Лжедмитрий II ; False Dimitri II, ? - 1610年12月11日グレゴリオ暦12月21日))はロシア帝国動乱時代イヴァン4世の末子ドミトリー皇子を僭称した2人目の人物。トゥシノを本拠としたことから、「トゥシノの悪党」と呼ばれた。

生涯

偽ドミトリー1世1606年5月に殺された後、殺されたはずの偽ドミトリー1世が『奇跡的に助かった』とされる噂が流布する中でロシアとポーランド国境に現れ、モスクワへ進軍した。モスクワの占領には失敗するものの1608年夏から1610年春までの間モスクワ近郊のトゥシノに本営を構え勢力を保った。しかし、彼を支援していたポーランド国王に見限られ、根拠地トゥシノから逃亡し、逃亡の途上に仲間によって殺された。

偽ドミトリー2世は本物のドミトリー・イヴァノヴィチの生母であるマリヤ・ナガヤより「本物」と認められ、偽ドミトリー1世の正妻だったマリナ・ムニシュフヴナ結婚して子供をもうけた。子供は「小悪党」と呼ばれてコサックに擁立されたが、1614年ミハイル・ロマノフによって処刑された。

参考文献

関連項目