actions

保木邦仁

保木 邦仁(ほき くにひと、1975年12月22日-)は、日本物理化学者、知能情報学者。電気通信大学大学院情報理工学研究科准教授。コンピュータ将棋 Bonanzaの開発者。

来歴

北海道札幌市出身。北海道札幌東高等学校東北大学理学部卒業。同大学院理学研究科修士課程修了後、同大学院理学研究科助教。

2000年から2003年まで、学術振興会特別研究員として研究生活を送る。その後、トロント大学で研究生活を送っていた2005年に趣味としてBonanzaを開発。2006年第16回世界コンピュータ将棋選手権で、初出場初優勝を飾り注目を集める(当時はカナダにいたため、代理人が出席)。当時、保木自身は、将棋についてはほとんど知らない初心者であった。

2007年に、Bonanzaとプロ棋士の渡辺明竜王の特別対局が組まれ話題となった。

その後は、東北大学高等教育開発推進センターの助教として就任、光駆動の分子モーターなどに関する研究を行っていた[1]

2010年8月からは電気通信大学先端領域教育研究センターに特任助教として着任。「知能情報学」分野で「思考型ゲームにおける合議法の展開と名人の知を超える人工知能の開発化学反応などに関する研究」を研究テーマとしている。2015年4月より電気通信大学大学院情報理工学系研究科の准教授に着任。引き続き知能情報学を研究分野とし、研究テーマは「思考型ゲームにおける高精度評価関数の設計及び人工知能の開発」。

経歴

  • 1998.3 東北大学理学部 化学系卒業
  • 2000.3 東北大学大学院 理学研究科 博士前期課程修了
  • 2003.3 東北大学大学院 理学研究科 博士後期課程修了
  • 2003.5 - 2006.5 トロント大学 博士研究員
  • 2006.6 - 2007.3 東北大学大学院 理学研究科 研究支援者
  • 2007.4 - 2010.3 東北大学大学院 理学研究科 助教
  • 2010.4 - 2010.7 東北大学 高等教育開発推進センター 助教
  • 2010.8 - 2015.3 電気通信大学 先端領域教育研究センター 特任助教
  • 2015.4 - 電気通信大学大学院 情報理工学研究科准教授[2]

所属学会

  • 人工知能学会
  • 情報処理学会
  • 分子科学会
  • 日本化学会

論文・著書

  • 【著書】ボナンザVS勝負脳―最強将棋ソフトは人間を超えるか 角川書店 2007 渡辺明と共著
  • 【学術論文】 杉山卓弥、小幡拓弥、斉藤博昭、保木邦仁、伊藤毅志
    • 将棋における合議アルゴリズム―局面評価値に基づいた指し手の選択、情報処理学会論文誌 51(11), 2048-2054, 2010
  • 【解説記事】 保木邦仁、金子知適、横山大作、小幡拓弥、山下宏
    • あから2010のシステム設計と操作概要、特集:あから2010勝利への道、情報処理、Vol.52, pp. 162-168, 2011.
  • 【解説記事】鶴岡慶雅、金子知適、山下宏、保木邦仁
    • 清水女流王将 vsあから2010:コンピュータの思考過程を追う、特集:あから2010勝利への道、情報処理、Vol. 52, pp. 175-180, 2011.

受賞歴

  • 2014年度日本情報処理学会 長尾真記念特別賞

脚注

外部リンク