actions

佐藤進一

佐藤 進一(さとう しんいち、1916年11月25日[1][2] - 2017年11月9日[3])は、日本歴史家中央大学名誉教授。専門は、日本中世[1]、中世法制史、古文書学。

経歴

新潟県中蒲原郡新津町に生まれる[2]1936年3月、新潟高校文科甲類を卒業[4]し、翌月、東京帝国大学文学部入学[5]1939年3月に卒業[6]。卒業論文は「鎌倉幕府訴訟制度の分化」[7]

1939年4月、東京帝国大学史料編纂所第十編部に採用[2]され、1941年4月に第五編部に異動[2]1942年9月に東部第二八部隊に入隊。1946年9月、史料編纂所に復職[2]1949年4月、法政大学文学部兼任講師(1975年まで)、同年8月に名古屋大学文学部併任助教授[2]1953年4月に東京大学文学部助教授(史料編纂所も併任)[2]1961年12月に「鎌倉時代より南北朝時代に至る守護制度の研究」により文学博士学位を授与される[8]1962年4月に東京大学文学部教授となり、1970年10月に辞職[2]1971年11月に名古屋大学文学部教授[2]1977年4月に中央大学文学部教授[2]となり、1987年4月、定年退職[2]

人物

単著

  • 『鎌倉幕府訴訟制度の研究』(畝傍書房、1943年/岩波書店、1993年)
  • 『鎌倉幕府守護制度の研究 諸国守護沿革考証編』(要書房、1948年/東京大学出版会、1971年、増訂1983年)
  • 『日本の歴史9 南北朝の動乱』(中央公論社、1965年、中公文庫、1974年、新版2005年)
  • 『室町幕府守護制度の研究』(上下、東京大学出版会、1967年、1988年)
  • 『古文書学入門』(法政大学出版局、1971年 新版1997年、2003年)
  • 足利義満 国家の統一に賭けた生涯』<日本を創った人びと11・日本文化の会編>(平凡社 1980年)
    • 改訂版『足利義満 中世王権への挑戦』(平凡社ライブラリー、1994年)
  • 『日本の中世国家』(岩波書店、1983年、新版2001年、岩波現代文庫、2007年)
  • 『花押を読む』(平凡社、1988年、平凡社ライブラリー、2000年)
  • 『日本中世史論集』(岩波書店、1990年)

共著

  • 『日本中世史を見直す』(悠思社、1994年、平凡社ライブラリー、1999年)
網野善彦、笠松宏至)

共編著

  • 『中世法制史料集』(1~3巻、岩波書店、1955〜1965年)、他に別巻、1978年
『中世法制史料集』(4~6巻、百瀬今朝雄・笠松宏至と共編、1998〜2005年)
石井進笠松宏至石母田正勝俣鎮夫
(第1.2巻、勉誠出版、2002年、2006年、笠松宏至・永村真編)

参考文献

脚注