actions

佐世保大空襲

佐世保大空襲(させぼだいくうしゅう)

第二次世界大戦中のアメリカ軍による、1945年昭和20年)6月28日午後11時50分から翌29日午前2時頃までに行われた長崎県佐世保市に対する空襲戦略爆撃)。当夜はで「今日は来ないだろう」という市民の不意を突いたものであり、死者が1,200人以上に及んだ。

この日には同じように岡山県岡山市が空襲を受けている(岡山大空襲[1]

佐世保市では毎年6月29日に空襲犠牲者の追悼式を行っている。


脚注

  1. 6月29日には宮崎県延岡市福岡県門司市(現:北九州市門司区)などが空襲を受けている。


楽天市場検索: