actions

伏見宮博恭王

伏見宮 博恭王(ふしみのみや ひろやすおう、1875年明治8年)10月16日 - 1946年昭和21年)8月16日)は、日本皇族海軍軍人伏見宮貞愛親王王子。議定官軍令部総長を務めた。栄典元帥海軍大将大勲位功一級。初め名を愛賢王(なるかたおう)といい、華頂宮相続に当たり名を博恭と改めた。

日露戦争では連合艦隊旗艦三笠」分隊長として黄海海戦に参加し戦傷を負う[注釈 1]。また艦長艦隊司令長官を務める等、皇族出身の軍人の中では実戦経験が豊富であった。

生涯

伏見宮の庶子

貞愛親王とその女房の河野千代子との間に第一王子・愛賢として産まれた。当時貞愛親王は満17歳であった。庶子であったことから、誕生当初は王も与えられなかった。公家社会の嫡庶の序を重んじる伝統に加え、一夫一妻制をとる西洋社会の影響から、伏見宮の継嗣の対象からは外された。邦家親王とその正妃邦家親王妃景子との間に生まれた父の貞愛親王や伯父で先代伏見宮の貞教親王も、庶子であった数人の兄たちを飛ばして伏見宮家を継承している。当時の太政官布告によれば将来的に臣籍降下し華族に列せられる予定であった。

ところが明治9年(1876年)に愛賢王の伯父にあたる華頂宮博経親王が26歳で薨去、博経親王の子博厚が皇族に列し、華頂宮家を継承した[注釈 2]ものの、その博厚王も明治16年(1883年)にわずか8歳で薨去。明治天皇の特旨をもって華頂宮の存続を決定し、まず博厚王[2]を猶子・親王宣下により博厚親王とした上で、華頂宮自体の継承に関しては、本家に当たる伏見宮から王子を充当し宮家を立てることとし、行先の決まっていなかった愛賢王が華頂宮を継承、同時に名を博恭と改めた。

海軍軍人

華頂宮を継承して3年後の1886年(明治19年)4月5日、博恭王は海軍兵学校予科に入学し(16期)、海軍軍人としてのスタートを切る。3年後に海軍兵学校を中退してドイツに渡り、ドイツ海軍兵学校からドイツ海軍大学校で学び、1895年(明治28年)まで滞在した。この間、1894年(明治27年)に海軍少尉に任官され、海軍大卒業後には貴族院議員(皇族議員)に任じられた。

帰国後は巡洋艦戦艦での艦隊勤務を重ね、このため後述する様に皇族とはかけ離れた行動様式や生活が身につくことになる。1897年(明治30年)には徳川慶喜の九女・経子と結婚し、1903年(明治36年)に海軍少佐に任官されるが、翌1904年(明治37年)に華頂宮から急遽伏見宮に復籍[注釈 3]し、第二王子で僅か2歳の博忠王が華頂宮を継承することとなった。伏見宮復籍後も艦隊勤務での実績を積み、日露戦争黄海海戦において、連合艦隊の旗艦「三笠」の第三分隊長として、後部の30センチ砲塔を指揮、その際負傷した。1913年(大正2年)8月31日に海軍少将に任官されると共に横須賀鎮守府艦隊司令官に就任。更に海軍大学校長第二艦隊司令長官などを歴任し、1923年(大正12年)に貞愛親王の死去に伴い伏見宮家を継いだ。

海軍のトップに

1931年(昭和6年)末、参謀総長に皇族の閑院宮載仁親王が就任したのに対し、1932年(昭和7年)2月、海軍もバランスをとる必要から、博恭王を海軍軍令最高位である海軍軍令部長に就任させた。1933年(昭和8年)10月、軍令海第5号軍令部令により海軍軍令部は冠の"海軍"が外れて軍令部となり、海軍軍令部長も軍令部総長となる。これは陸軍の「参謀本部」「参謀総長」と対応させたものであり、特に皇族である博恭王は「伏見軍令部総長宮(ふしみぐんれいぶそうちょうのみや)」と呼称される。また、北原白秋作詞、海軍軍楽隊作曲による国民歌「伏見軍令部總長宮を讃え奉る」も作られている。

海軍軍令部長・軍令部総長時代は、軍令部が権限強化に動き出した時で、博恭王自身も(陸軍と違い、伝統的に海軍省優位であった海軍にあって)軍令部権限強化のための軍令部令及び省部互渉規定改正案について「私の在任中でなければできまい。ぜひともやれ」と高橋三吉嶋田繁太郎といった軍令部次長に指示して艦隊派寄りの政策を推進し、ついに海軍軍令部の呼称を軍令部に、海軍軍令部長の呼称を軍令部総長に変更、更には兵力量の決定権を海軍省から軍令部に移して軍令部の権限を大幅に強化し、海軍省の機能を制度上・人事上弱体化させることに成功して軍令部は海軍省に対して対等以上の立場を得ることとなった。こうして日独伊三国同盟太平洋戦争大東亜戦争)と時代が移る中で海軍最高実力者として大きな発言力を持った。太平洋戦争中においても、大臣総長クラスの人事には博恭王の諒解を得ることが不文律であった。二・二六事件では事件発生の朝、加藤寛治真崎甚三郎と協議を行ってから参内している。この時、昭和天皇の不興を買い、その後は叛乱鎮圧に向けて動いている。

晩年

1938年(昭和13年)10月、長男・博義王が急死。さらに1943年(昭和18年)8月、四男・伏見博英が戦死。しばらくして脳出血による右半身麻痺、心臓の病を抱え、熱海別邸で療養生活を送る。

1944年(昭和19年)6月25日、サイパン島の放棄を決定した天皇臨席の元帥会議において、「陸海軍とも、なにか特殊な兵器を考え、これを用いて戦争をしなければならない。そしてこの対策は、急がなければならない。戦局がこのように困難となった以上、航空機、軍艦、小舟艇とも特殊なものを考案し迅速に使用するを要する」と発言した[3]。この「特殊な兵器」は特攻兵器を指したものであるとの主張もある。

敗戦直後、病躯をおして上京。戦災で焼失した伏見宮邸近くの旅館で生活を送るも、1946年(昭和21年)8月16日、薨去した。

栄典

家族

系図

評価

当時の皇族軍人は実質的権限を発揮しないのが通例になっていたが、実戦・実務経験豊富な博恭王はお飾りの皇族軍人ではなく、「潮気のある」一流の海軍軍人としての風格を持っていた。自ら率先して最前線に立ち、常に部下将兵を鼓舞し苦楽を共にするのを厭わない姿勢や、操艦の名手として関門海峡のような「船の難所」でも難無く艦を操るその実力は海軍内でも評価されていた。皇族風を吹かせない人柄や、軍人としての実力・けじめを持ち合わせていたにもかかわらず、昭和期の海軍トップとしては強引さや軽率さが目立った。

海軍トップとして

東郷平八郎とは『宮様と神様(殿下と神様)』と呼ばれ、海軍内で神格化されていた。博恭王は大艦巨砲主義者であったので、博恭王の威光を利用した艦隊派の台頭を招くことに繋がった。これについて井上成美は、皇族が総長に就くことで、意見の硬直化を招いたことを「明治の頭で昭和の戦争をした」と称して批判している。博恭王の総長退任時に及川古志郎海相に意見を求められた井上は「もともと皇族の方はこういう重大事に総長になるようには育っておられない」「宮様が総長だと次長が総長のような権力を持つことになる」と手厳しく批判している。これらのことから、海軍内の条約派を追放し、日米開戦の元凶になった一因となったとして、戦後は批判的な評価を受けることが多い。開戦時の嶋田繁太郎海相が避戦派から開戦派に転向したのも伏見宮の働きかけによるとされる。伏見宮は昭和16年まで軍令部総長を務めていたが、総長にあと1年長く在任していれば、開戦責任を問われて戦犯とされていた可能性も高く、もしそうなっていれば開戦責任のみならず、皇室の責任、さらには天皇制存続の可否にまで波及した可能性すらあったという。海軍反省会でも博恭王の戦争責任について問題提起されたが、皇族という存在の重さゆえか、議論は深まらなかった。

反面、博恭王自身は日米戦について「日本から和平を求めても米国は応じることはないであろう。ならば早期に米国と開戦し、如何にして最小限の犠牲で米国に損害を与え、日本に有利な条件で早期和平を結ぶべきである」という『早期決戦・早期和平』の考えを持っていたとされる[注釈 4]。艦隊派の重鎮であった博恭王とは反対の立場であった『欧米協調派・条約派』の山本五十六とは、日米戦について近い考えをしていたといわれる。

一軍人として

軍令部の権限強化を図るべく博恭王が主導した「軍令部令及び省部互渉規定改正案」に対し、井上成美は自らの軍務局第1課長の職を賭して激しく抵抗し、結果更迭された。

さらに横須賀鎮守府付となり、待命・予備役編入の危機にさらされた。しかし大佐昇進後5年目にして戦艦比叡艦長に補され、艦長の任期通常1年のところを2年務めて少将に昇進している[注釈 5]。これは博恭王が敵であったはずの井上に対し、「男としてまた軍人として、まさにああでなければならない。自己の主張、信念に忠実な点は見上げたものである。次は良いポストに就けてやるとよい」と称讃したことによるものである。

海軍での生活や習慣が身に付いていた博恭王には、皇族らしからぬ逸話が残っている。入浴後、皇族であれば湯かたびらを何枚も着替えて体の水分を取るのが普通であるが、博恭王は一般の庶民と同じように、使っていた手ぬぐいを固く絞り、パンパンと払い伸ばしてから体を拭いていたという。下着の洗濯などは自ら行うこともあり、周りの者から「いつその様なことを憶えられたのですか?」と聞かれると「海軍では当たり前である」と答えたといわれる。

嶋田繁太郎の日記によると、艦内では握り飯漬物という簡易な食事を好み、吉田俊雄「四人の軍令部総長」(文春文庫)によると、海軍省食堂での昼食時における博恭王の好物は天ぷらうどんだったという。また、軍令部総長の在任が長い事に掛けて、海軍部内では特徴的な長い顔から「長面君(ちょうめんくん)」と渾名を付けられていた。

博恭王の岳父は徳川慶喜であったが、あるとき艦内で士官たちが幕末の議論をしていて誰かが徳川慶喜を激しく批判したことがあった。

博恭王は黙って席を立ったが、後にその士官が謝罪に来たとき、「いや気にすることはない、勉強になった」と声をかけたという。

また臣籍降下した四男伏見博英1943年に戦死した際、戦死者合同葬で博英の霊位を最上位に置こうとした海軍当局の動きを止め、あくまで海軍の階級順とさせた。

長老皇族として

伏見宮家家長として、傍系の宮家にも気をかけた。久邇宮邦彦王が、その第一王子である久邇宮朝融王酒井菊子との婚約を私事により一方的に解消させた事件があった。これ以前に、邦彦王の第一王女である良子女王昭和天皇との婚姻に関し、周囲の反対を押し切ってそれを成立させただけに(宮中某重大事件)、逆の立場に陥った久邇宮家への風当たりは強かった。その中で博恭王は自身の娘知子女王を、朝融王の性質を言い含めた上で久邇宮家へ嫁がせ、皇室内の空気の引き締めに一役買ったと言える。しかしその直後、朝融王は妻を裏切る形で侍女を懐妊させ、博恭王は久邇宮父子の度重なる不貞に強く心を痛めたという[12]

経歴

脚注

注釈

  1. 「三笠」右砲の砲身内膅発が原因であった[1]
  2. 当時の布告により旧来からの4つの世襲親王家を除く宮家においては一代限りの存続とし、その後の子供たちは臣籍降下して華族に列するとしていた(博厚は明治9年の布告までは皇族ですら無かった)が、これを不憫に思った有栖川宮熾仁親王ら周囲の人間の嘆願から、天皇特旨により華頂宮の継承が認められた格好となった。これを切っ掛けとして一代宮家とされた新設宮家たちの世襲も徐々に認められるようになる。
  3. 伏見宮の家督を継承するはずであった邦芳王(くにかおう)が極めて病弱であり、その同母実弟にあたる昭徳王は夭折していたことに因るもの。なお、博恭王の長子・博義王も同時に復籍している。
  4. 嶋田繁太郎の日記による[11]
  5. 海軍における慣例として、大佐昇進から少将昇進には6年を要したが、6年目の大佐として主力艦(戦艦・正規航空母艦)の艦長を務めれば、1年後に少将へ昇進することが確実であった。

出典

  1. 野村實『山本五十六再考』中公文庫P159~174
  2. 『法令全書』明治十六年二月十五日 宮内省告示第一號
  3. 防衛庁防衛戦史室『戦史叢書』45巻
  4. 『官報』第3708号「叙任及辞令」1895年11月6日。
  5. 『官報』号外「叙任」1905年11月03日。
  6. 『官報』号外「叙任及辞令」1906年12月30日。
  7. 『官報』第1187号「叙任及辞令」1916年7月15日。
  8. 『官報』第1499号「叙任及辞令」1931年12月28日、p.742。
  9. 『官報』第1621号「叙任及辞令」1932年5月28日。
  10. 『官報』第4570号「宮廷録事 勲章親授式」1942年4月7日、p.213。
  11. 世界文化社刊「ビッグマンスペシャル。連合艦隊・日米開戦編」(1998年7月)
  12. 浅見雅男『伏見宮』(講談社、2012年)
  13. 『官報』第5822号、昭和21年6月13日。

関連文献

  • 浅見雅男『皇族と帝国陸海軍』文藝春秋〈文春新書〉、2010年、111‐146頁、ISBN 978-4166607723

外部リンク

日本の皇室
先代:
邦家親王
伏見宮
1923年2月4日 - 1946年8月3日
次代:
博明王
先代:
博厚親王
華頂宮
1883年4月23日 - 1904年1月16日
次代:
博忠王
軍職
先代:
山屋他人
海軍大学校校長
第22代:1914年8月22日 - 1915年12月13日
次代:
佐藤鉄太郎
先代:
山屋他人
第二艦隊司令長官
第13代:1919年12月1日 - 1920年12月1日
次代:
鈴木貫太郎
先代:
谷口尚真
軍令部長 / 軍令部総長
1933年10月1日に改称
1932年2月2日 - 1941年4月9日
次代:
永野修身

テンプレート:華頂宮 テンプレート:伏見宮