actions

今川貞世

今川 貞世(いまがわ さだよ)

室町時代前期の武将,歌人。父は駿河,遠江の守護範国。名は貞世,源金吾と称する。左京亮,伊予守。足利義詮に仕え,侍所所司を経て,建徳2=応安4 (1371) 年九州探題となり九州に下る。菊池氏,島津氏の討伐にあたり,在位 25年間で九州一円を幕府勢力下におくことに成功した。しかし彼の功をねたんだ大内義弘らの工作によって失脚。応永2 (95) 年駿河守護に移され,同7年には足利氏満との結託を疑われ義満に追討されたが許され,引退後は文筆に専念した。和歌を冷泉為秀に,連歌を二条良基に学び『言塵集』『弁要抄』『落書露見』を著わす。弟仲秋に与えた訓戒は『今川状』として有名。ほかに『難太平記』 (1402) がある。



楽天市場検索: