操作

京極町

きょうごくちょう
京極町
地方 北海道地方
都道府県 北海道 後志総合振興局
虻田郡
団体コード 01399-4
面積 231.49km2
(境界未定部分あり)
総人口 3,054
住民基本台帳人口、2018年3月31日)
人口密度 13.2人/km2
隣接自治体 札幌市余市郡赤井川村
虻田郡倶知安町喜茂別町
外部リンク 北海道京極町

日本地域区画地図補助 01390.svg.png

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

ファイル:Mt Yotei 9.JPG
京極町から見た羊蹄山

京極町(きょうごくちょう)は北海道後志総合振興局管内、羊蹄山(蝦夷富士)の麓にある町。

羊蹄山の湧き水が出るふきだし公園は、同町の観光名所である。

地名の由来は、開拓を率いた旧讃岐丸亀藩主家の京極高徳(後述)。

地理

隣接している自治体・行政区

石狩振興局

後志総合振興局

※虻田郡のニセコ町真狩村とは羊蹄山の頂上の一点で接している。

札幌市南区とは、地理上隣接しているが、境界線は全て森林であり、交通基盤が整備されておらず、札幌市へ直接アクセスすることは不可能である。札幌市中心部とは、70-80km程度の距離があり、最適なアクセス方法としては、喜茂別町中山峠を経由し、自家用車で1時間以上を要する。

沿革

経済

立地企業

  • 北海道電力京極水力発電所(建設中)、寒別発電所
  • 京極製氷
  • パイオニアフーズ
  • 丸ト富成商店

農協

金融機関

郵便局

  • 京極郵便局(集配局)

宅配便

公共機関

警察

地域

人口

京極町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

消滅集落

2015年国勢調査によれば、以下の集落は調査時点で人口0人の消滅集落となっている[1]

  • 京極町 - 字東花 字脇方 字中岳 字甲斐

教育

  • 中学校
    • 京極
  • 小学校
    • 京極、南京極

交通

鉄道・バス路線

かつては、旧国鉄胆振線が走っていた。1986年(昭和61年)11月1日廃止。京極 - 脇方間の支線は1970年(昭和45年)廃止。現在は京極町商工会館に設置された「京極バスターミナル」(停留所名は「京極中央」)が交通の拠点となる。

道路

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事

出身有名人

  • 佐藤晃(スキージャンプ競技選手)

その他

  • 「ゆうくん」と「すいちゃん」というイメージキャラクターが、京極町のホームページに登場している。
  • スキー板のメーカーであったハガスキー発祥の地である。1918年大正7年)東倶知安村在住の芳賀常太郎、藤衛門兄弟によってスキー板が製作、販売され、1926年(大正15年)に札幌へ移転、1933年(昭和8年)国産スキー輸出第1号がカナダへ、1967年(昭和42年)には輸出スキー実績日本一になった。

脚注

外部リンク