actions

京春線

京春線
各種表記
ハングル 경춘선
漢字 京春線
発音 キョンチュンソン
日本語読み: けいしゅんせん
英語 Gyeongchun Line
テンプレートを表示

京春線(キョンチュンせん)は、大韓民国ソウル特別市中浪区忘憂駅江原道春川市春川駅を結ぶ韓国鉄道公社 (KORAIL) の鉄道路線である。ラインカラー青緑色)。

概要

1939年7月20日に、城東 - 春川間の93.5kmが京春鉄道株式会社の路線として開業した。アメリカ軍政期の1946年5月17日に国有化された。

沿線はソウルに近い観光スポットとして人気があり、週末やシーズン中は観光客で混雑する。

1999年より複線電化(電鉄化)工事が行われてきたが、予算不足のため竣工はたびたび延期されてきた。電鉄化は2010年12月21日に完了し、同日付けで全線が首都圏電鉄(広域電鉄)へ組み入れられて電車による運行が開始された。電鉄化に伴い、大半の区間は高架化や直線化が行われ、特にソウル特別市内では大きくルートを変更し、起点が城北駅から中央線の忘憂駅に変更された。直線化やルート変更などにより総距離は大幅に短縮されており、また一部区間ではITX-青春の180km/h運転に対応している。

電鉄化に先立ち、2010年10月21日には退渓院 - 上泉間において新ルートへの切り替えが行われ、ムグンファ号も新ルート経由での運転に変更となり[1]、同列車が廃止される2010年12月20日まで続いた。

歴史

運行形態

2010年12月21日の電鉄化[4]により、全列車が中央線に乗り入れ、上鳳駅 - 春川駅間の全線において、8両編成の電車による一般列車(各駅停車)急行列車の運行が開始された。

列車種別

京春線では、都市間準高速列車のITX-青春と一般列車(各駅停車)が運転されている。

ITX-青春(都市間準高速列車)

ITX-青春は、京元本線龍山駅(一部中央本線清凉里駅)から京春線の春川駅との間で運行されている、韓国初の都市間準高速列車である。同区間の一部の駅にのみ停車する。2012年2月28日のダイヤ改正によって運転が開始された[5][6]

ITX-青春には368000系電車が用いられる。全区間が首都圏電鉄の運行区間に含まれるが、首都圏電鉄とは異なる運賃体系が適用されている[7][8]

一般列車(各駅停車)

電鉄化された2010年12月21日に運転を開始した。京春線内の全ての駅に停車する。

全区間の所要時間は概ね79分である。

2013年11月4日より一部列車(朝・夜各1往復)が忘憂線を経由して光云大駅までの運行を開始した。なお、首都圏電鉄の運賃計算上は忘憂線経由ではなく、従来の回基駅経由として計算される。

2016年9月26日より、一部列車において京義・中央線清凉里駅までの直通運転を開始した。

急行列車

電鉄化された2010年12月21日に運転を開始した。

運転開始当初の停車駅は、上鳳駅・退渓院駅・坪内好坪駅・磨石駅・清平駅*・加平駅・江村駅*・南春川駅・春川駅(*は土休日ダイヤに限り停車)で、2011年6月20日には思陵駅が停車駅に追加された。

日中は毎時1本運転、全区間の所要時間は概ね63分(土休日は68分)であり、平日朝に運転される一部の上り列車では、磨石駅、加平駅で緩急接続を行っていた。

2012年2月28日のダイヤ改正で「ITX-青春」が運転を開始したことに伴い、2月27日の運転を最後に廃止された。

2017年1月31日より、平日に限り「ITX-青春」の一部列車を廃止し、その代替として急行列車の運行を復活。運行は平日上り2本、下り3本である。

過去にあった列車種別

ムグンファ号

単線・非電化時代に1時間あたり1~2本(朝50分間隔、その他60 - 75分間隔)運行されていたが、電鉄化により廃止された。

全て機関車牽引の客車による運行だったが、一時期は5両 (DEC) または4両編成 (NDC) のディーゼルカーによる運行や、セマウル号客車(ステンレス車)を使用した全特室(グリーン車相当)列車も運行していた。

車両


駅一覧

  • ●:全列車停車、▲:一部列車停車

本線

駅番号 駅名 駅間キロ (km) 累計キロ (km)
等級
駅種別 I
T
X
|

急行 接続路線 所在地 線籍上の路線名
日本語 ハングル 英語
ITX-青春の一部は京元本線龍山駅まで直通運転
K117 清凉里駅 청량리역 Cheongnyangni 0.0 -4.6 1級 グループ代表駅 韓国鉄道公社中央本線(一般旅客列車)・京元本線(一般旅客列車)・15px 京義・中央線1 1号線(京元電鉄線) (124)
ソウル交通公社1 1号線(地下鉄1号線) (124)
ソウル特別市 東大門区 中央本線
K118 回基駅 회기역 Hoegi 1.4 -3.2 3級 運転簡易駅 | 韓国鉄道公社:15px 京義・中央線・1 1号線(京元電鉄線) (123)
K119 中浪駅 중랑역 Jungnang 1.8 -1.4 2級 乙種代売所 | | 韓国鉄道公社:15px 京義・中央線
K120 上鳳駅 상봉역 Sangbong 0.8 -0.6 配置簡易駅 韓国鉄道公社:15px 忘憂線15px 京義・中央線
ソウル交通公社:7 7号線 (720)
中浪区
K121 忘憂駅 망우역 Mangu 0.6 0.0 2級 管理駅 | | 韓国鉄道公社:15px 京義・中央線
京春線
P122 新内駅 신내역 Sinnae 2.1 2.1     | | ソウル交通公社:6 6号線(648、接続予定)
P123 葛梅駅
(三育大)
갈매역
(삼육대)
Galmae
(Sahmyook Univ.)
2.6 4.7 無配置簡易駅 | |   京畿道 九里市
P124 別内駅 별내역 Byeollae 1.4 6.1     | | ソウル交通公社:8 8号線(804、接続予定) 南楊州市
P125 退渓院駅 퇴계원역 Toegyewon 1.6 7.7 3級 普通駅  
P126 思陵駅 사릉역 Sareung 3.3 11.0 配置簡易駅  
P127 金谷駅 금곡역 Geumgok 3.6 14.6 3級 無配置簡易駅 | |  
P128 坪内好坪駅 평내호평역 Pyeongnae-Hopyeong 4.0 18.6 普通駅  
P129 天摩山駅 천마산역 Cheonmasan 4.2 22.8     | |  
P130 磨石駅 마석역 Maseok 2.2 25.0 3級 配置簡易駅  
P131 大成里駅 대성리역 Daeseong-ri 7.4 32.4 3級 無配置簡易駅 | |   加平郡
P132 清平駅 청평역 Cheongpyeong 7.5 39.9 3級 配置簡易駅  
P133 上泉駅
(虎鳴湖水)
상천역
(호명호수)
Sangcheon
(Homyeonghosu)
4.8 44.7 無配置簡易駅 | |  
P134 加平駅
(チャラ島・南怡島)
가평역
(자라섬·남이섬)
Gapyeong
(Jaraseom, Namiseom)
7.1 51.8 3級 管理駅  
P135 屈峰山駅
(ジェイドガーデン)
굴봉산역
(제이드가든)
Gulbongsan
(Jade Garden)
4.7 56.5 3級 無配置簡易駅 | |   江原道
春川市
P136 白楊里駅
(エリシアン江村)
백양리역
(엘리시안강촌)
Baegyang-ri
(Elysian Gangchon)
2.9 59.4 無配置簡易駅 | |  
P137 江村駅 강촌역 Gangchon 5.3 64.7 3級 配置簡易駅  
P138 金裕貞駅 김유정역 Gimyujeong 7.4 72.1 3級 配置簡易駅 | |  
P139 南春川駅
(江原大)
남춘천역
(강원대)
Namchuncheon
(Kangwon Nat'l Univ.)
5.9 78.0 2級 配置簡易駅  
P140 春川駅
(翰林大)
춘천역
(한림대)
Chuncheon
(Hallym Univ.)
2.7 80.7 2級 管理駅  

忘憂線

  • 1日往復2回運行する。
駅番号 駅名 駅間キロ (km) 累計キロ (km)
等級
駅種別 接続路線 所在地
日本語 ハングル 英語
119 光云大駅 광운대역 Kwangwoon Univ. 0.0 -4.9 3級 管理駅 韓国鉄道公社:1 1号線(京元電鉄線) (119) ソウル特別市 芦原区
K120 上鳳駅 상봉역 Sangbong 4.3 -0.6 配置簡易駅 韓国鉄道公社:15px 京春線(本線)15px 京義・中央線
ソウル交通公社:7 7号線 (720)
中浪区
京春線(本線)春川駅まで直通運転

2010年12月21日廃止区間

清凉里駅 (-5.5km) (京元本線) - 城北駅 (0.0km) - 新孔徳駅 (2.1km) - 花郎台駅 (4.4km) - 退渓院駅 (9.8km)

脚注


テンプレート:広域電鉄 テンプレート:首都圏電鉄


テンプレート:Korea-stub