actions

井荻町

井荻町
廃止日 1932年10月1日
廃止理由 編入合併
井荻町杉並町和田堀町高井戸町東京市
現在の自治体 東京都杉並区
廃止時点のデータ
地方 テンプレート:地方区分東京府
都道府県 東京府
豊多摩郡
団体コード 当時存在せず
総人口 25,968
(1932年10月1日)
隣接自治体 豊多摩郡野方町
杉並町和田堀町高井戸町
北多摩郡武蔵野町
北豊島郡石神井村上練馬村
外部リンク 当時存在せず
座標 北緯35度42分40秒
東経139度36分31秒
 表示 

井荻町(いおぎまち)は、かつて東京府豊多摩郡に存在したの一つ。現在の東京都杉並区北西部に当たる地域。1926年大正15年)に町制施行することにより誕生した。なお、その前身となった井荻村(いおぎむら)についてもここで言及する。

地理

地名では井草下井草上井草清水今川桃井善福寺荻窪(一部)、上荻西荻北西荻南(一部)、南荻窪にほぼ相当する地域である。

歴史

地名の由来

東多摩郡上井草村、下井草村、上荻窪村、下荻窪村が合併する際、井草の「井」と荻窪の「荻」とを組み合わせて命名。[1]

沿革・年表

行政

  • 町役場は、現在の荻窪郵便局荻窪警察署の間の青梅街道沿いで、現杉並区立桃井第一小学校正門前付近にあった。
  • 1907年(明治40年)に井荻村長に就任した内田秀五郎は、井荻信用購買組合(後の東邦信用金庫。現西武信用金庫)設立による農業資金・資材供給の安定化、中央本線荻窪駅~吉祥寺駅間の新駅誘致(西荻窪駅として開業)、村内の大規模な区画整理などを実行し、名村長とうたわれることとなった。特に区画整理については、関東大震災後、荻窪駅、西荻窪駅周辺の宅地化が急速に進みつつあったことから、多数の反対者を説得の上実施。1933年(昭和8年)には総面積888ヘクタールに及ぶ区画整理が完成した。[2]

経済

産業

  • 豊多摩郡の中では養蚕業が盛んな地域であり、1915年(大正4年)に井荻村の養蚕量は郡内第一位となった。[2]

交通

道路

鉄道路線

脚注

  1. 竹内誠編『東京の地名由来辞典』東京堂出版、2006年。ISBN 4490106858
  2. 2.0 2.1 2.2 森泰樹『杉並風土記・上巻』杉並郷土史会、1977年

関連項目