actions

井手峻

井手 峻(いで たかし、1944年2月13日 - )は、東京都新宿区出身の元プロ野球選手投手外野手)・コーチ監督解説者。プロ野球球団代表兼連盟担当(会社役員)[1]

父は脚本家の井手俊郎

来歴・人物

新宿高校から東京大学へ進み、野球部のエースとして活躍する。東京六大学リーグ通算4勝21敗。1965年にはマニラで開催された第6回アジア野球選手権大会(東京六大学選抜チームが日本代表)に出場、日本の優勝に貢献した。卒業後は三菱商事へ入社することになっていたが、1966年第2次ドラフト会議中日ドラゴンズから3位指名を受け入団。1965年大洋ホエールズに入団した新治伸治に次ぐ史上2人目の東大出身プロ野球選手(ドラフト制度発足後としては東大初の指名選手)となった。

1年目の1967年から一軍に上がり、8月16日の対サンケイアトムズ戦で初先発を果たす[2]。同年9月10日の対大洋戦にリリーフで初勝利を挙げ、新治とも投げ合った[3]。このとき、初のヒーローインタビューを受けた。

その後2年は故障もあって一軍登板はなかった。1970年外野手に転向、俊足と強肩を生かし、主に守備固め代走として起用される。1973年5月5日読売ジャイアンツとの試合終盤に守備固めに着いた後、延長10回に打席が回り、その時放った公式戦唯一の本塁打が決勝打になり、初勝利以来となるヒーローインタビューを受けた(これが最後となる)。6月には中堅手として実質先発出場(偵察要員に高木時夫)も経験。1974年も2試合に先発として起用された。長嶋茂雄の引退試合となった10月14日の読売ジャイアンツとの最終戦に出場しており、試合終了後のスコアボードに名前が出ている。同年のロッテオリオンズとの日本シリーズでも代走、守備固めとして5試合に出場している。

1976年を最後に現役引退。公式戦出場試合数は、過去の東大出身プロ野球選手の中では最も多い。

引退後はサラリーマンとなり、母校・東大のコーチも1年間務めた。その後は中日に復帰して一軍守備・走塁コーチ(1978年, 1982年 - 1984年)、二軍コーチ(1979年 - 1980年)、二軍チーフ兼守備・走塁コーチ(1981年)、一軍作戦守備コーチ(1985年)二軍監督(1986年)、一軍外野守備・走塁コーチ(1992年 - 1993年)、一軍守備総合コーチ(1994年)、一軍守備コーチ(1995年)を歴任。1987年から1991年には球団のフロント入り。球団取締役(編成担当兼チーム運営部長兼渉外部長)を経て、球団代表兼連盟担当に就任。[1]。取締役相談役を務めた後、2015年2月23日に退任することが決まった。通算で50年近く中日ドラゴンズに在籍し、選手出身者の同一球団への在籍期間としては記録的な長期間である。

フロント業務と並行して、東海ラジオ解説者(1987年 - 1991年)を務めた。

2018年8月23日に、北海道日本ハムファイターズ宮台康平が自身以来51年ぶりとなる東京大学出身投手によるプロ一軍公式戦先発登板を果たした際には、試合をテレビで観戦し、「プロに通用する直球を投げていた。今回は残念だったが、十分に勝ち投手になれる力がある」とコメントした[3]。井手は宮台を大学時代から評価しており、「先発しての勝利投手」となることを期待していると述べている[3]

詳細情報

年度別投手成績

1967 中日 17 3 0 0 0 1 4 -- -- .200 148 33.1 41 3 9 0 0 21 1 0 22 19 5.13 1.50
通算:1年 17 3 0 0 0 1 4 -- -- .200 148 33.1 41 3 9 0 0 21 1 0 22 19 5.13 1.50

年度別打撃成績

















































O
P
S
1967 中日 17 8 6 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 0 0 2 0 .000 .143 .000 .143
1970 23 0 0 1 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1971 8 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1972 48 12 12 1 5 0 0 0 5 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .417 .417 .417 .833
1973 83 21 19 5 3 0 0 1 6 1 0 0 1 0 1 0 0 6 1 .158 .200 .316 .516
1974 84 20 20 4 3 1 0 0 4 1 1 3 0 0 0 0 0 2 0 .150 .150 .200 .350
1975 68 3 3 9 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1976 28 5 4 1 1 0 0 0 1 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 .250 .400 .250 .650
通算:8年 359 69 64 23 12 1 0 1 16 2 4 5 2 0 3 0 0 13 1 .188 .224 .250 .474

背番号

  • 12 (1967年 - 1969年)
  • 36 (1970年 - 1971年)
  • 53 (1972年 - 1976年)
  • 64 (1978年 - 1983年)
  • 74 (1984年 - 1986年)
  • 84 (1992年)
  • 83 (1993年 - 1995年)

関連情報

出演

脚注

関連項目

外部リンク

テンプレート:中日ドラゴンズ1966年ドラフト指名選手