操作

五蓋

テンプレート:Infobox Buddhist term 五蓋(ごがい、テンプレート:Lang-pi-short, パンチャ・ニーヴァラナーニ)とは、仏教における瞑想修行を邪魔する、5つの障害、つまり5つの煩悩の総称。蓋(がい、テンプレート:Lang-pi-short, ニーヴァラナ)とは文字通り、認識を覆う障害のこと。

なお、これと似た概念として、生存者を欲界へと結び付ける5つの束縛としての五下分結(ごげぶんけつ、テンプレート:Lang-pi-short[注釈 1])という概念もある。下分(げぶん)とは、下の領域すなわち欲界のこと。(けつ、テンプレート:Lang-pi-short, サンヨージャナ)とは「束縛」のこと。

内容

五蓋の内容は、以下の通り。

経典での扱い

沙門果経』では、出家者が戒律を収めた後、初禅に入る前の段階として、この五蓋の除去が言及される[1]。この五蓋が取り除かれることで、その人には歓喜・喜悦、身体の軽安(きょうあん)・安楽・三昧が生じ、初禅へと入っていく準備が整うと述べられる。

脚注

注釈

  1. 「パンチャ・オーランバーギヤーニ・サンヨージャナーニ」

出典

  1. 沙門果経』68-75節

関連項目

テンプレート:Buddhism-stub