actions

久留島喜内

久留島 喜内(くるしま きない、1690年頃?[1] - 宝暦7年11月29日1758年1月9日))は江戸時代和算家で将棋指し。本名は義太(よしひろ)。沾数(扇数)と号した。収入のほとんどをにつぎ込むほどの酒好きで、自身では著書をほとんど残さなかった。その独創的な学説が伝わるのは、弟子が彼の原稿・理論をまとめたことによる。

和算家として

父は備中(現・岡山県松山藩士の村上佐助義寄といい、主家断絶後に父子ともに浪人となり、を久留島と改める[2]。江戸で吉田光由著「塵劫記」を読んで独学数学を学ぶ[3]。数学指南をしていた際に中根元圭の道場破りにあったが、中根は喜内の非凡の才を見出し後援を惜しまなかった[4]。享保15(1730)年、陸奥国磐城平藩内藤政樹に仕え、延享4(1747年)に内藤氏が日向国延岡藩に移封された折には同地に6年間ほど赴任した[5]

後世、関孝和建部賢弘と共に三大和算家と称されている。レオンハルト・オイラーより早くオイラーのφ関数に言及していたとも言われる。また、ラプラスより早く余因子展開(ラプラス展開)を発見していたとも言われる[6]

極値問題を級数展開の視点から考察し、ピエール・ド・フェルマーの方法に近いものを得た(『久氏弧背術』)。そのほか、整数方程式無限級数円理の研究で有名である。行列式の展開では関孝和の『解伏題之法』の誤りを訂正して、『大成算経』(関孝和・建部賢弘・建部賢明)や『算法発揮』(井関知辰)とは異なる、正しい展開を導いている。また、立方陣はフェルマーが1640年に最初に作ったが、4本の立体対角線の成立するものを作ったのは喜内が初めて[7]

天衣無縫で酒を好み、自らの研究成果に無頓着で、研究成果を書き記した紙で行李の裏を張ってしまったという。和算家としての業績については、知人や山路主住のような弟子により『久氏弧背術』『久氏三百解』『久氏遺稿』などの書物にまとめられた。また同僚で親友の松永良弼著『方円算経』に多く引用されている。

脚注

  1. 小学館デジタル大辞泉. “久留島義太”. コトバンク. . 2017年12月9日閲覧.
  2. 平凡社世界大百科事典 第2版. “久留島義太”. コトバンク. . 2017年12月9日閲覧.
  3. 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plus. “久留島義太”. コトバンク. . 2017年12月9日閲覧.
  4. 大矢真一日本大百科全書(ニッポニカ). “久留島義太”. コトバンク. . 2017年12月9日閲覧.
  5. 朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典. “久留島義太”. コトバンク. . 2017年12月9日閲覧.
  6. 三省堂大辞林 第三版. “久留島義太”. コトバンク. . 2017年12月9日閲覧.
  7. 高木茂男日本大百科全書(ニッポニカ). “久留島義太”. コトバンク. . 2017年12月9日閲覧.

参考文献

  • 川北朝鄰 「關夫子以降本朝數學の進歩竝に學戰」『本朝數學通俗講演集 關孝和先生二百年忌記念』 東京數學物理學會、大日本圖書、1908年、3-8。NDLJP:1085851/67
  • 藤原松三郎 「第5節 久留島義太とその業績」『明治前日本数学史』第2巻、日本学士院日本科学史刊行会 編、岩波書店、1956年、62-75。NDLJP:2421761
  • 藤原松三郎 「第5章 久留島義太」『明治前日本数学史』第3巻、日本学士院日本科学史刊行会 編、岩波書店、1957年、1-75。NDLJP:2421846

関連文献

  • 鳴海風 『美しき魔方陣 久留島義太見参!』 小学館〈小学館文庫 な5-1〉、2007年。ISBN 978-4-09-408210-4。

外部リンク