actions

中山平温泉

中山平温泉(なかやまだいらおんせん)は、宮城県大崎市(旧国陸奥国明治以降は陸前国鳴子温泉郷にある温泉

アクセス

泉質

炭酸水素イオン炭酸イオンを多く含み、ぬるぬるした感触が得られるアルカリ度の高い湯が特徴で、その触感からうなぎ湯の異名を持つ。

温泉街

鳴子温泉郷の西の入り口に位置し、12軒の宿が存在する。

湯治宿が多いが。一般の宿もあり、団体を受け付けたり、合宿が可能な宿もある。

地熱が高く、鳴子温泉郷の中では最も湯量が多く。旅館以外でも温泉の利用が盛んである。

観光 

日本一の紅葉の見どころ鳴子峡があり、秋には大勢の観光客が足を運ぶ。

春・山菜、中山駅前大桜

夏・新緑の鳴子峡、奥の細道、ゲンジボタルの生息する沼、ブルーベリー摘み

秋・紅葉の鳴子峡、奥の細道

冬・一面銀世界の鳴子峡

歴史

開湯は約300年前とされる。

昭和35年10月1日、奥鳴子・川渡温泉として、川渡温泉鬼首温泉とともに国民保養温泉地に指定。

外部リンク