actions

中井貴一


中井 貴一(なかい きいち、1961年9月18日 - )は、日本俳優歌手。本名同じ。東京都世田谷区出身。オフィス貴貴所属。血液型はA型。身長181cm、体重70kg成蹊大学経済学部卒業。

来歴

成蹊中学校・高等学校を経て成蹊大学経済学部卒業。父は俳優の佐田啓二、姉は女優・エッセイスト中井貴惠で、小津安二郎により「貴一」と名付けられた[1]。3歳の誕生日を目前にして、交通事故で父を亡くす。高校時代はテニスに熱中、コーチを職業にすることを考えるほどだった。赤面症で俳優になるなど考えたこともなかったというが、父の17回忌の法要の際に映画監督の松林宗恵にスカウトされる[2]。本格的に俳優としての活動を開始したのは成蹊大学在学中で、1981年公開の松林監督の映画『連合艦隊』への出演でデビュー。同作品で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した。

1982年にはNHK水曜時代劇立花登 青春手控え』でテレビドラマ初出演にして初主演。翌1983年TBS系で放送された『ふぞろいの林檎たち』で主役を演じた中井の知名度は作品の大ヒットと相俟って急上昇した。同作品は約15年に亘って現在までに4シリーズが製作される人気作品となった。1988年に放送されたNHK大河ドラマ『武田信玄』では主役の武田信玄を演じた。40%に迫る平均視聴率と歴代2位である49.2%の瞬間最高視聴率を記録した。

四十七人の刺客』『壬生義士伝』といった時代劇で演じるシリアスな役柄から『寝ずの番』やDCカードのテレビコマーシャルで見せるコミカルな役柄まで演じこなす幅の広さが観衆・批評家双方の支持を得、活動の場を問わず着実にキャリアを重ねる。先述の『武田信玄』出演後には『激動の1750日』『極道戦争 武闘派』などの仁侠映画にも出演した。

2004年には中国映画『ヘブン・アンド・アース 天地英雄』に出演した。全編に亘り中国語での会話を要求されたが、特訓の末に無事撮影を成功させ、海外進出を果たした。この映画の出演をきっかけに「ナショナリズム」や「愛国心」について深く考えるようになったと言い、2005年公開の『亡国のイージス』に出演、「日本を敵視する某国のスパイ」の演技も各方面から賞賛された。また、2003年公開の映画『壬生義士伝』では吉村貫一郎役で主演、日本アカデミー賞日刊スポーツ映画大賞で主演男優賞を獲得した。松竹により配給された『壬生義士伝』は興業面でもヒットした。

2007年公開の日本中国合作映画『鳳凰』では、主演とともにプロデューサーを務める。

2008年に放映されたドラマ『風のガーデン』では、末期癌で臨終する医者を演じるため、半年の間キャベツダイエットを行い、9キロの減量を敢行。緒形拳演じる医者である父親・貞三に看取られて終生する麻酔医・貞美を演じた[3]

2012年にドラマ『最後から二番目の恋』では鎌倉市役所観光推進課課長・長倉和平役で出演したが、後に鎌倉市国際観光親善大使に就任した[1]

人物

  • 若くして亡くなった父の年齢を自らが越えたことで、それまでの独身生活との決別を決め、2000年の39歳の誕生日に結婚した[4]アンティーク時計を好み、父の時計を複数所有[5]
  • 中国映画『ヘブン・アンド・アース 天地英雄』への出演を迷った時、俳優の高倉健に相談したところ、「外国の映画に1本出ることは、日本の映画に10本出ることと同価値だ」と諭され、出演を決意、単身中国へ向かった[6]
  • 1983年日本テレビドラマ『波の盆』では、米国市民としての忠誠心を示すため、日本空襲のための爆撃機寄付の募金活動に積極的に関わり、そのために終戦後父親に勘当され、失意の後半生を送るハワイ生まれの日系二世を演じた。27年後の2010年にはTBSドラマ『99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜』にて、祖国日本の勝利を最後まで信じ、敗戦のショックと絶望から強制収容所で自死を遂げる日系一世という、逆の役柄を演じることとなった。上記のような対照的な役柄での出演はNHK大河ドラマでも見られ、2005年に放送された『義経』では源氏方の棟梁である源頼朝を演じたのに対し、2012年の『平清盛』では、平家方の平忠盛を演じている。
  • 共演した阿部寛によると、映画『麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜』の撮影初日、既に遺体となっている設定であったため、共演者にあいさつされるより先に棺に入って準備していたという。
  • 2017年の『新潮45』3月号には、「撮影現場の「コンプライアンス」狂騒曲」なる題名を冠した随筆を寄せている。
  • 二枚目スターとして名高い父と比較されることが多く母からは「パパの方が何倍も二枚目だったわよ」仕事で訪れた場所でも「お父さんは二枚目だったのにねぇ…」と何回も言われ「心が折れそうになった」とトーク番組で言っていた。

出演

映画

テレビドラマ

舞台

ドキュメンタリー

  • NHKスペシャル
    • 長嶋と王50年目の告白(2009年、NHK) - ナレーション
    • 中国文明の謎(2012年10月 - 12月、NHK、全3回) - ナビゲーター
      • 「中華の源流 幻の王朝を追う」(2012年10月14日)
      • 「漢字誕生 王朝交代の秘密」(2012年11月11日)
      • 「始皇帝 "中華"帝国への野望」(2012年12月2日)
    • 古代中国 よみがえる英雄伝説(2013年1月 - 2月、NHK BSプレミアム、全3回)[18] - ナビゲーター
      • 「始皇帝と乱世の名臣たち〜春秋戦国天下統一への道〜」(2013年1月4日)
      • 「紂王と太公望〜王朝交代 古代最大の決戦〜」(2013年1月10日)
      • 「伝説の王・禹〜最古の王朝の謎〜」(2013年2月7日)
  • 森のラブレター2(2010年1月9日、TBS) - 朗読
  • 夢の扉+(2011年4月 - 2016年3月、TBS) - ナレーション
  • マイセン 三百年の時間旅行〜欧州の名窯に秘められた歴史ミステリー〜(2013年11月2日、BS日テレ) - 語り
  • BS-TBS開局15周年特別企画 中井貴一ヨーロッパ大紀行〜天才・ダヴィンチからの挑戦状〜(2016年、BS-TBS) - ナビゲーター[19]
    • 第一夜「ダヴィンチの素顔と真実」(2016年3月19日)
    • 第二夜「名画モナ・リザの罠と正体」(2016年3月20日)
  • 中井貴一ヨーロッパ大紀行II(2017年、BS-TBS) - ナビゲーター
    • 第一夜「究極のルネサンスへの誘い!芸術家たち夢の競演」(2017年6月13日)
    • 第二夜「ヴァチカン独占撮影!ミケランジェロの真髄に迫る」(2017年6月20日)

その他のテレビ番組

CM

ディスコグラフィ

シングル

  • 青春の誓い / セカンドヒーロー(1984年、東芝EMI・イーストワールド)- 作詞:岩谷時子・作曲:加瀬邦彦
  • 噂のルーズ・ガール / 出逢いの小径(1984年、東芝EMI・イーストワールド)
  • 二人だけのラブコール / 君はトロピカル(1985年、東芝EMI・イーストワールド)
  • 俺だけのマドンナ / 友情アルバム(1985年、東芝EMI・イーストワールド)
  • 愛しのサブリナ / 雨のリバーサイド(1987年、東芝EMI・イーストワールド)
    • フジテレビ系ドラマ『男も女もなぜ懲りない』主題歌
  • 黒の似合うひと / 1999年(1987年、東芝EMI・イーストワールド)
  • T字路(2014年)「小泉今日子&中井貴一」名義
    • フジテレビ系ドラマ『続・最後から二番目の恋』挿入歌

アルバム

  • 「F2グランプリ」オリジナルサウンドトラック(1984年)
  • 蒼い素描(1984年、東芝EMI・イーストワールド)
  • プライベートシアター(1985年・東芝EMI・イーストワールド)
  • KIICHI NAKAI SPECIAL EDITION(1987年・東芝EMI・イーストワールド) - ベストアルバム
  • BLUE SHADE(1988年、東芝EMI・イーストワールド)
  • オフ・オフ・マザーグーズ(1990年) -「かごのばあさん」「コマドリの死」に参加
  • 日本の詩歌 高村光太郎(2005年) - 朗読集
  • 「コンフィダント・絆」ミュージックファイル(2007年) -「大丈夫ソング〜ルイーズ・B編(ライブ収録)」に参加

受賞歴

1981年度
1983年度
1989年度
1990年度
1994年度
1995年度
1998年度
1999年度
2003年度
2005年度
2008年度
2009年度
2014年度

書籍

  • 日記「ヘブン・アンド・アース」中国滞在録(キネマ旬報社、2004年)
  • 日記2 「鳳凰わが愛」中国滞在録(キネマ旬報社、2007年)

注釈

  1. 1.0 1.1 ハイビジョン実用化試験放送用ドラマとして制作されたが、1993年BS-9chより先にヴェネツィア国際映画祭で上映された[10]
  2. CD版はたいらいさおが歌っているバージョンに差し替えられている。

出典

  1. 1.0 1.1 鎌倉市国際観光親善大使 中井貴一さん”. 鎌倉市. . 2016閲覧.
  2. 中井貴一 父の職業・役者は最も遠い商売だった”. NEWSポストセブン(@niftyニュース) (2016年10月10日). . 2016閲覧.
  3. “中井貴一、医者役なのに医者から怒られる?”. ORICON STYLE. (2008年11月13日). オリジナル2009年1月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090109094759/http://www.oricon.co.jp/news/movie/59829/ . 2014閲覧. 
  4. <日曜のヒーロー>第345回 中井貴一”. 日刊スポーツ (2003年1月12日). . 2016閲覧.
  5. 腕時計で「男」を主張しなければならない 中井貴一 父の職業・役者は最も遠い商売だった”. ウェブゲーテ. 幻冬舎 (2013年4月23日). . 2016閲覧.
  6. 日記―「ヘブン・アンド・アース」中国滞在録 「序章」より
  7. “【大河のころ 中井貴一(1)】「化けるのが仕事」 初大河27歳のしゅっとした信玄誕生” (ja-JP). SANSPO.COM(サンスポ). https://www.sanspo.com/geino/news/20180701/geo18070111000006-n2.html . 2018閲覧. 
  8. 「NHK大河ドラマ大全50作品徹底ガイド完全保存版」(NHK出版、2011年)28頁より
  9. 「NHK大河ドラマ大全50作品徹底ガイド完全保存版」(NHK出版、2011年)137頁より
  10. その木戸を通って-〜巨匠 市川崑監督、幻の名作〜-”. 作品. シネマトピックス. . 2015閲覧.
  11. インタビュー〈『ヘブン・アンド・アース』中井貴一 独占インタビュー〉”. Yahoo!ムービー (2004年2月19日). 2004年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。. 2014閲覧.
  12. 笑福亭鶴瓶×中島美嘉×イエロー・カーペットに参加!! 中井貴一もエル・マッチョ役で吹替え初挑戦が明らかに!!ユニバーサルスタジオプレミア in LA”. 「怪盗グルーのミニオン危機一発」公式ブログ(eigafan.com) (2013年6月25日). 2014年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。. 2014閲覧.
  13. 女子アナ・長澤まさみがキャスター・中井貴一を脅迫?「グッドモーニングショー」”. 映画ナタリー (2015年9月8日). . 2015閲覧.
  14. “野村萬斎主演作クランクイン目前、猿之助、貴一、蔵之介、浩市共演のエンタメ時代劇”. 映画ナタリー. (2016年4月6日). http://natalie.mu/eiga/news/182428 . 2016閲覧. 
  15. “中井貴一、刺青姿披露!ユースケ・サンタマリア&ピエール瀧と悪に染まる「きんぴか」”. シネマカフェ (株式会社イード). (2015年11月28日). http://www.cinemacafe.net/article/2015/11/28/36026.html . 2015閲覧. 
  16. “中井貴一、テレビ東京ドラマ初出演 波瑠と満島真之介が新郎新婦に”. ORICON NEWS. (2017年11月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2101036/ . 2018閲覧. 
  17. “中井貴一が若年性アルツハイマーの弁護士役に 韓国ドラマ「記憶」をリメイク”. 映画.com. (2017年11月1日). http://eiga.com/news/20171101/2/ . 2018閲覧. 
  18. 古代中国 よみがえる英雄伝説 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  19. BS-TBS開局15周年特別企画 中井貴一ヨーロッパ大紀行〜天才・ダヴィンチからの挑戦状〜(BS-TBS)、2016年3月14日閲覧
  20. 真田広之、中井貴一 、柳沢慎吾の50代トリオがCM共演 アドリブ全開の台詞回しに注目”. ORICON (2015年5月16日). . 2015閲覧.
  21. 第38回日本アカデミー賞最優秀賞発表!、日本アカデミー賞公式サイト、2015年1月16日閲覧。

外部リンク

中井貴一公式FACEBOOK

テンプレート:日本アカデミー賞最優秀主演男優賞 テンプレート:日本アカデミー賞最優秀助演男優賞


テンプレート:報知映画賞助演男優賞


テンプレート:ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演男優賞