操作

与謝郡



ファイル:Kyoto Yosa-gun.png
京都府与謝郡の位置(1.伊根町 2.与謝野町 薄黄:後に他郡に編入された地域)

与謝郡(よさぐん)は、京都府丹後国)の

人口22,752人、面積170.33km²、人口密度134人/km²。(2018年4月1日、推計人口

下記の2町を含む。

郡域

1897年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、上記2町のほか、概ね下記の区域にあたる。

歴史

地元では「よさぐん」ではなく「よぐん」と発音されることが多い。2011年3月11日に開通した山陰近畿自動車道与謝天橋立ICは、地元の読み方を尊重して「よざあまのはしだて」と命名されている。また与謝野町内の地名「与謝」は行政上も「よざ」と読まれる。

古代

地名としてのよさ雄略天皇22年に「餘社郡」で初見される。入江の見られる郡域において、湾での「よせあみ」(寄網)漁法が「よさみ」、そして「よさ」へ転訛したものである[1]

7世紀に丹波国与射評として設置された[2]701年に評が郡になり、713年丹後国が設置されるとこれに属した。

和名類聚抄』に記される郡内の

  • 宮津郷
  • 日置郷
  • 拝師郷
  • 物部郷
  • 山田郷
  • 謁叡郷
  • 神戸郷

式内社

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

テンプレート:丹後国与謝郡の式内社一覧
神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
凡例を表示

近世以降の沿革

知行 村数 村名
幕府領 幕府領 9村 大島村、大原村、新井村[3]、本坂村、野村、本庄上村、本庄浜村、峠村、畑谷村
藩領 丹後宮津藩 3町
82村
宮津[4]、雲原村、与謝村、滝村、金屋村、後野村、加悦町、温江村、加悦奥村、算所村、三河内村、四辻村、幾地村、岩屋村、田中村、有田村、須津村、石川村、明石村、香河村、鍛冶町[5]、猟師町[6]、小田村、喜多村、今福村、宮村、惣村、皆原村、山中村、新宮村、脇村、中村、小寺村、上司町、中津村、小田宿野村、島陰村、田井村、矢原村、獅子村、獅子崎村、波路村、上山田村、下山田村、弓木村、岩滝村、男山村、国分村、溝尻村、小松村、成相寺村、中野村、大垣村、江尻村、難波野村、日置浜村、日置上村、畑村、下世屋村、松尾村、東野村、上世屋村、駒倉村、木子村、須川村[7]、野中村[8]、奥波見村、里波見村、長江村、外垣村、岩ヶ鼻村、田原村、日出村、亀島村、平田村、日ケ谷村、菅野村、本庄宇治村、長延村、蒲入村、野室村、津母村、井室村、六万部村、泊村
幕府領・藩領 幕府領・宮津藩 1村 奥波見村
ファイル:Kyoto Yosa-gun 1889.png
1.宮津町 2.城東村 3.栗田村 4.上宮津村 5.吉津村 6.石川村 7.桑飼村 8.与謝村 9.加悦町 10.三河内村 11.市場村 12.山田村 13.岩滝村 14.府中村 15.日置村 16.世屋村 17.養老村 18.伊根村 19.朝妻村 20.本庄村 21.筒川村 22.野間村 23.日ケ谷村 24.雲原村(紫:福知山市 赤:宮津市 橙:京丹後市 黄:伊根町 緑:与謝野町)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、下記の町村が発足。(2町22村)
    • 宮津町(宮津[9]が単独町制。現・宮津市)
    • 城東村 ← 惣村、皆原村、滝馬村、波路村、山中村、宮村、獅子崎村、猟師町、鍛冶町[文珠街道沿いの町地を除く](現・宮津市)
    • 栗田村 ← 新宮村、脇村、中村、小寺村、上司町、中津村、小田宿野村、島陰村、田井村、矢原村、獅子村(現・宮津市)
    • 上宮津村 ← 小田村、喜多村、今福村(現・宮津市)
    • 吉津村 ← 須津村、文珠村、鍛冶町[文珠街道沿いの町地](現・宮津市)
    • 石川村(単独村制。現・与謝野町)
    • 桑飼村 ← 温江村、明石村、香河村(現・与謝野町)
    • 与謝村 ← 与謝村、滝村、金屋村(現・与謝野町)
    • 加悦町 ← 加悦町、算所村、加悦奥村、後野村(現・与謝野町)
    • 三河内村(単独村制。現・与謝野町)
    • 市場村 ← 四辻村、幾地村、岩屋村(現・与謝野町)
    • 山田村 ← 上山田村、下山田村(現・与謝野町)
    • 岩滝村 ← 弓木村、岩滝村、男山村(現・与謝野町)
    • 府中村 ← 国分村、小松村、中野村、大垣村、江尻村、難波野村、成相寺村、溝尻村(現・宮津市)
    • 日置村(単独村制。現・宮津市)
    • 世屋村 ← 畑村、下世屋村、松尾村、東野村、上世屋村、駒倉村、木子村(現・宮津市)
    • 養老村 ← 里波見村、中波見村、奥波見村、長江村、岩ヶ鼻村、外垣村、大島村、田原村(現・宮津市)
    • 伊根村 ← 亀島村、平田村、日出村(現・伊根町)
    • 朝妻村 ← 大原村、新井村、井室村、六万部村、泊村、津母村、峠村、畑谷村(現・伊根町)
    • 本庄村 ← 本庄上村、本庄宇治村、本庄浜村、野室村、長延村、蒲入村(現・伊根町)
    • 筒川村 ← 菅野村、野村、本坂村(現・伊根町)
    • 野間村 ← 須川村、野中村(現・京丹後市)
    • 日ケ谷村(単独村制。現・宮津市)
    • 雲原村(単独村制。現・福知山市)
  • 明治27年(1894年10月12日 - 市場村の一部(岩屋)が分立して岩屋村が発足。(2町23村)
  • 明治32年(1899年7月1日 - 郡制を施行。
  • 明治35年(1902年4月1日 - 雲原村の所属郡が天田郡に変更。(2町22村)
  • 大正10年(1921年)4月1日 - 岩滝村が町制施行して岩滝町となる。(3町21村)
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正13年(1924年9月1日 - 城東村が宮津町に編入。(3町20村)
  • 大正15年(1926年)7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和23年(1948年)4月1日 - 野間村の所属郡が竹野郡に変更。(3町19村)
  • 昭和26年(1951年)4月1日 - 上宮津村が宮津町に編入。(3町18村)
  • 昭和29年(1954年
    • 6月1日 - 宮津町・栗田村・吉津村・府中村・日置村・世屋村・養老村・日ケ谷村が合併して宮津市が発足し、郡より離脱。(2町11村)
    • 11月3日 - 伊根村・朝妻村・本庄村・筒川村が合併して伊根町が発足。(3町7村)
    • 12月1日 - 桑飼村・与謝村・加悦町が合併し、改めて加悦町が発足。(3町5村)
  • 昭和30年(1955年3月1日 - 三河内村・岩屋村・市場村・山田村・石川村が合併して野田川町が発足。(4町)
  • 平成18年(2006年)3月1日 - 加悦町・岩滝町・野田川町が合併して与謝野町が発足。(2町)

変遷表

脚注

  1. 吉田茂樹『日本古代地名事典』 新人物往来社、2001年、234頁 ISBN 4-404-02950-0
  2. 藤原京の藤原宮の北をめぐる外濠から出た木簡に、「与射評大贄伊和?」とある。奈良国立文化財研究所『藤原宮木簡』一、179、奈良国立文化財研究所史料XII、1978年、解説84頁。
  3. 以上3村は「旧高旧領取調帳」では後に宮津県の管轄となっているが、本項では「角川」によった。
  4. 無高のため「旧高旧領取調帳」には記載なし。本項では便宜的に1町に数える。
  5. 記載は鍛冶村。
  6. 記載は猟師村。
  7. 記載は須川分。
  8. 記載は野中分。
  9. この時点では宮津柳縄手、宮津京街道、宮津大久保、宮津木ノ部町、宮津京口、宮津京口町、宮津松原町、宮津島崎、宮津鶴賀町、宮津外側、宮津馬場先、宮津中ノ町、宮津吉原、宮津安智、宮津波路、宮津波路町、宮津本町、宮津魚屋町、宮津万町、宮津宮本町、宮津東新浜、宮津小川町、宮津金屋谷、宮津白柏町、宮津杉末町、宮津河原町、宮津住吉町、宮津漁師町、宮津蛭子町、宮津万年町、宮津万年町新地、宮津宮町、宮津池ノ谷、宮津川向町が存在。

参考文献

関連項目

テンプレート:丹後国の郡