actions

上関町

ファイル:View from the Kamisakari01.jpg
上関町上盛山からの上関町中心部の展望。手前が長島、奥が室津。
ファイル:Tanoura iwaishima.jpg
上関町田ノ浦と対岸の祝島
ファイル:上関城山歴史公園 さくらまつり.jpg
上関城山歴史公園 さくらまつり

上関町(かみのせきちょう)は、山口県南東部にある町。

地理

瀬戸内海の西部に位置する。四方をほぼ海に囲まれるため、気候は温暖である。町域は室津半島先端および長島祝島八島などの島で構成され、町の中心部は半島先端部の室津(むろつ)地区、および室津地区の対岸で、上関大橋で本土と陸続きになっている長島になる。

隣接している自治体

人口

上関町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

歴史

かつて瀬戸内海西部には船の荷を検査する番所が設置されていた。現在の山口県に当たる部分においても、都に近いほうから「上関」「中関」「下関」が設置されていた。このうち、「上関」が設置されていたのが当所であったため、この地名がついた。

平安時代から室町中期にかけてはもっぱら「竈戸(かまど)」「竈戸関」と呼ばれた[1]。史料に残される最も古い記録としては、966年(康保3年)の『清胤王書状』に、長島近辺の集落がイカの塩辛を皇室に進納する御厨として記載されている。また、平安後期には風待ちとして記録が残っている。 平安末期になると、竈戸は賀茂別雷神社社領となり、 1445年(文安2年)の東大寺への年貢船の記録に初めて「上関」の名が現れ、以後多く使われるようになった。

鎌倉時代には地頭が配属されて関所としての機能が強まり、海上交通の要衝となっていった[1]室町時代には大内氏が竈戸関を支配したが、海上勢力の活動も活発であり、竈戸関は倭寇の拠点として海外にも認識されていた[1]。 江戸時代に上関天満宮に作られた灯籠の銘文によれば、足利期に能島村上氏の祖である村上義顕が上関城を築城したとあり、中世から戦国期にかけて上関は村上水軍と、その同盟関係にあった毛利氏の重要な海上拠点のひとつとなっていた[2]

江戸時代中期に上関は北前船の風待ち港として全盛期を迎えた[2]。公館である御茶屋、海上保安の御番所、藩営の商業機関である越荷会所など長州藩出先機関が置かれ、富裕な商家の名残が今日にも見られる。明治時代以降、機帆船や蒸気船の登場によって上関は寄港地としての役割を終えた。

沿革

行政

町政

  • 町長
    • 柏原重海(かしわばら・しげみ)3期目・上関原子力発電所建設計画推進を公約
      • 上関原発建設計画浮上以来、1983年以降9回の町長選はすべて推進派の推す候補(片山秀行5期、加納簾香1期、柏原重海3期)が当選している。しかし反対派の推す候補も33% - 46%の得票を得ている。
  • 議会
    • 定数12

警察

消防

  • 柳井地区広域消防組合(管理者:柳井市長)

産業

商業

農業

漁業

金融機関

教育

小学校

町立

中学校

町立
  • 上関中学校
  • 祝島中学校

交通

道路

航路

  • 祝島航路(柳井港 - 室津 - 上関 - 祝島
  • 八島航路(室津 - 古浦 - 八島)

バス

防長交通が柳井駅前と長島の間を結ぶ。かつては長島の島内にも路線があったが、廃止され、現在は上関町営バスが代替運行している。

出身有名人

その他

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 金谷匡人『海賊たちの中世』<歴史文化ライブラリー> 吉川弘文館 1998年、ISBN 4642054561 pp.116-149.
  2. 2.0 2.1 山内譲 『海賊と海城:瀬戸内の戦国史』 <平凡社選書> 平凡社 1997年 ISBN 4582841686 pp.67-78.

参考文献

  • 『市町村名変遷辞典』東京堂出版、1990年。

外部リンク