操作

三菱総合研究所

株式会社三菱総合研究所
Mitsubishi Research Institute,Inc.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 3636
2009年9月14日上場
略称 MRI / 三菱総研
本社所在地 日本の旗 日本
100-8141
東京都千代田区永田町二丁目10番3号
設立 1970年5月8日
業種 情報・通信業
事業内容 シンクタンク・コンサルティング
ITソリューション
外部リンク MRI 三菱総合研究所
テンプレートを表示

株式会社三菱総合研究所(みつびしそうごうけんきゅうしょ)は、東京都千代田区永田町二丁目10番3号に本社を置く、日本シンクタンクシステム開発会社でシステムインテグレーターユーザー系)。略称は、MRIまたは三菱総研

概要

会社概略

三菱創業100周年の記念事業として、三菱グループ各社の共同出資により設立された。政府、官公庁、地方公共団体等から委託される各種調査研究に強みを持つ。

2009年9月14日東京証券取引所に上場した。時価総額は約300億円で、東証1部への直接上場に必要な時価総額500億円に及ばず、所属部は市場第二部(東証2部)となった。時価総額は東証2部上場時点よりも減少したが、2010年9月29日に、市場第一部へ指定替えとなった。

特色

かつては、売上・営利重視の色は比較的薄く、公への貢献を重視していた。研究分野は政策、科学技術、経済・金融など、多岐にわたっていて、大きなシステム部門は持ってはいなかった。

近年は経営陣および主要株主の意向により、売上・利益を最重視する「普通の会社」に転換した組織運営がなされている。市場規模が大きいITソリューション事業の拡大方針を明確にしており、ITソリューション事業部門の拡大、システム開発会社であるダイヤモンドコンピューターサービス2016年現在の三菱総研DCS)の連結子会社化、三菱UFJフィナンシャル・グループとの業務提携などの施策をとっている。連結売上高・純利益の半分以上を、三菱総研DCSが占める。

なお、他社の大手シンクタンクが金融機関の調査部門から派生したのに対し、三菱総合研究所は三菱グループの共同出資であるため、三菱UFJフィナンシャル・グループの一員とはなっていない。旧三菱銀行の調査部門から派生した会社は、ダイヤモンドビジネスコンサルティングであり、2016年現在の三菱UFJリサーチ&コンサルティングである。

三菱グループとの関連

三菱グループ各社の共同出資という設立経緯から、三菱金曜会三菱広報委員会の会員となっている[1][2]。また役員は三菱UFJフィナンシャル・グループをはじめとする三菱グループ各社出身者が多く占める。

事業概略

事業分野は、以下の3事業に分類される。

  • シンクタンク事業
  • コンサルティング事業
  • ITソリューション事業

企業理念

  • 英知と情報に基づき社会へ貢献
    • 顧客と社会の発展に貢献する知識創造企業であることを目指す。
  • 公明正大な企業活動
    • フェアでオープンな企業活動を追求し、顧客からの強い信頼感と高い社会的信用を維持する。
  • 多彩な研究個性による総合力の発揮
    • 社員個々は高度な専門性により自己実現を図るとともに、多様性に富む個人の力を結集し、組織的な総合力を発揮する。

事業所

国内拠点

尚、大手町連鎖型都市再生プロジェクト(大手町一丁目第2地区第一種市街地再開発事業[第2次再開発事業])に伴い、2010年11月に本社を東急キャピトルタワー4~10階に移転した。

海外拠点

  • ワシントン駐在員事務所

主な研究員(現職者・出身者)

組織

  • コーポレート部門
    • 経営企画部
    • 戦略企画部
    • 広報部
    • 経理財務部
    • 経営管理部
    • 法務・コンプライアンス部
    • 人事部
    • プロジェクト審査部
    • 品質・リスク管理部
    • 情報システム部
    • グループ業務部

関連会社

脚注・出典

外部リンク

トップページ

組織別サイト

  • テンプレート:三菱グループ