actions

三国同盟(1882)

三国同盟から転送)

1882~1915年のドイツ,オーストリア,イタリア3国間の秘密防御同盟。

イギリス,フランス,ロシアの三国協商とともに第1次世界大戦を誘導するヨーロッパの帝国主義的国際対立の一陣営であった。三国同盟締結の直接的動機は 1881年4月のフランスのチュニジア占領で,これによってイタリアはオーストリア,ドイツに接近,イタリアとフランスとの接近を恐れるドイツが,翌年オーストリアを説得し同盟条約を結んだもの。しかしオーストリアとの領土をめぐる利害対立からイタリアは1902年以降三国協商に接近し,フランスとの間に相互中立協定を結び,第1次世界大戦勃発に際しては中立を宣言,翌 15年4月ロンドン密約に基づき5月3日条約廃棄を宣言して三国同盟は解体した。