actions

ローマ共和国 (19世紀)


ファイル:Military flag of the Roman Republic (19th century).svg
軍旗(ミラノ・リソルジメント博物館所蔵)

ローマ共和国(ローマきょうわこく・イタリア語: Repubblica Romana)は、1849年(2月 - 6月)に一時的にイタリアローマを中心に存在した政府である。

概要

ちょうど教皇領と同じ領土を持つ国家であり、三頭政治を行うなど古代ローマ共和国を真似ており、信仰の自由が保障された国家であった。また、史上初めて死刑を禁止した憲法を発効した国家でもある。

前史

ローマでは、1848年フランス二月革命の影響で11月にローマ教皇ピウス9世がローマを脱出し、11月15日教皇国家の首相ペッレグリーノ・ロッシ暗殺され、無政府状態になっていた。

歴史

1849年2月9日に革命によりローマ共和国が樹立された。ジュゼッペ・マッツィーニアウレリオ・サッフィitaliano版English版カルロ・アルメッリーニitaliano版English版の3人が三頭執政官となった。

しかし、同じ1849年のジュゼッペ・ガリバルディなどのローマ防衛軍は、ローマ大学の戦いitaliano版においてジャニコロ丘italiano版français版English版で一時フランス軍を撃退するが、抵抗もむなしく7月3日にルイ=ナポレオン・ボナパルト(後のナポレオン3世)率いるフランス軍に降伏した。

テンプレート:Italia-storia-stub