操作

ロッテ浦和球場

ロッテ浦和球場
Lotte Urawa Baseball Ground
施設データ
所在地 埼玉県さいたま市南区沼影3-8-5(ロッテ浦和工場内)
座標 東経139度38分59.7秒北緯35.837417度 東経139.649917度35.837417; 139.649917
開場 1989年
所有者 ロッテ
管理・運用者 千葉ロッテマリーンズ
グラウンド 内野:クレー舗装、外野:天然芝
照明 なし
収容能力
300人
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積:-m2
両翼 - 96 m
中堅 - 122 m
表示

ロッテ浦和球場(ロッテうらわきゅうじょう)は、埼玉県さいたま市南区にある野球場で、製菓メーカー・ロッテ浦和工場の敷地内にある。プロ野球千葉ロッテマリーンズ二軍の本拠地として使用しており、同球団が運営管理を行っている。

歴史

ロッテはかつて、二軍が自前のグラウンドを持っておらず、1988年まで東京都青梅市青梅スタジアム(当時の名称は「青梅球場」で、音響機器メーカーのティアックが所有していた)を間借りして二軍の練習やイースタン・リーグ公式戦を開催していた。しかし、前の一軍本拠地だった川崎球場や埼玉県狭山市のロッテ狭山工場内にあった合宿所からは遠く、著しく不便を被っていた。このため、ロッテは浦和市の同社浦和工場の敷地を球団のファーム育成施設として整備することを決定。1989年に浦和球場、室内練習場および合宿所「千葉ロッテマリーンズ寮」を完成させた。

ファイル:Urawa shitsunai.jpg
室内練習場 外観

本球場では選手らが練習する姿が間近で見ることができ、イースタン・リーグ公式戦も開催される。本球場は三塁側がホームで、一塁側がビジターとなっている。

観覧設備は内野の一塁および三塁側の土盛りスタンドにベンチが置かれているだけの状態であったが、2011年11月-2012年2月に設備の改修が行われた[1]。土盛りにベンチの観客席は、階段状になったコンクリートの上にセパレートタイプの椅子が取りつけられたが、観客収容能力は以前と大きく変わらず200 - 300人程度である。グラウンドが見られる場所はこの内野スタンドのみで、外野側には観客がグラウンドを見られる立ち入り可能な場所はない。

改修前は、観客立ち入り自由な通路が三塁側ブルペン横にあったため、目と鼻の先の距離でプロのピッチングを見ることができたが、現在は三塁側ブルペン横の通路は選手関係者のみの通路となり、ブルペンは球場外の道路沿いの植込みとフェンス越しにしか見ることはできなくなっている。また、以前のブルペンにはなかったが、改修後は、投手側と捕手側それぞれの上部に屋根が取り付けられた。で、すぐ後ろを選手が歩いていたり、トイレで選手と鉢合わせたりすることもあったが、改修後は選手と観客の動線が分けられた構造になり、球場入場ゲート、トイレや通路も選手関係者用と一般観客用とで別になり、球場内でのこういった鉢合わせもなくなった。

左翼側場外を東北新幹線埼京線の高架橋が通っている。走り行く新幹線の車窓からもフィールドを見ることができるが、新幹線の東側を走る埼京線からはフィールドは見えない。

イースタン・リーグの公式戦は、同じさいたま市のさいたま市営浦和球場浦和区)でも開催されるため、公式戦のスケジュールでは「ロッテ浦和」の略称で案内される[2]

ロッテは現在、将来的にファームの育成施設を一軍と同じ千葉県内に移転することを検討しており、一部報道では千葉市成田市が候補地に挙がっているとされているが、現在も構想段階であり具体化はしていない。なお、千葉県内には北海道日本ハムファイターズファームの本拠地(ファイターズスタジアム)があるという捻じれ現象が起きている。

施設概要

ファイル:ロッテ浦和球場入口.jpg
球場入口(改修前)*現在このゲートは選手関係者専用となり、一般観客は通ることは出来ない
  • 両翼:96m、中堅:122m
  • 内野:クレー、外野:天然芝
  • 照明設備:なし
  • スコアボード:パネル式(得点のみ)
  • トランペット・太鼓を使用した応援は禁止。

常設の売店などは存在せず自動販売機のみ。

交通

脚注

  1. ロッテ浦和球場改修工事のお知らせ ”. 千葉ロッテマリーンズ (2011年11月26日). . 2014閲覧.
  2. さいたま市営浦和球場の案内上の略称は「市営浦和」または「市浦和」

関連項目

外部リンク