actions

レーザーディスク

レーザーディスク
LaserDisc, LD
メディアの種類 光ディスク
記録容量
  • 30cm LD
    • CAV:片面30、両面60分
    • CLV:片面60分、両面120分
  • 20cm LD
    • CAV:片面14分、両面28分
    • CLV:片面20分、両面40分
  • LDシングル
    • CAV:14分
    • CLV:20分
フォーマット アナログ(映像・音声)
デジタル(音声)
回転速度 CAV:1800rpm
CLV:1800 - 600rpm
読み取り方法 632.8nm赤色He-Neレーザー(初期)
780nm赤外線半導体レーザー
回転制御方式 CAV、CLV
策定 フィリップスMCA
主な用途 映像、音楽、ゲーム等
ディスクの直径 30cm、20cm
大きさ 300×300×2.5mm
200×200×2.5mm
200×200×1.2mm(LDシングル)
上位規格 Hi-Vision LD
DVD
下位規格 VHS
ベータマックス
関連規格 VHD(競合規格)
テンプレートを表示

レーザーディスクLaserDisc, LD

映像信号と音声信号を超高密度で記録した円盤。専用のプレーヤで再生する。1960年以降,ヨーロッパ,アメリカ合衆国,アジアの多くのメーカーがさまざまな記録・再生方式を開発した。再生方式で大別すると,光学方式と静電容量方式(電気容量)の 2種になる。光学方式は,パイオニアの商標であるレーザーディスク LDの名で呼ばれた。ディスクにピットの長短の形で情報を記録し,レーザー光で照射して反射光の変化を電気信号に変えて読み取る。この方式の代表格は MCA/フィリップス方式である。静電容量方式には,原理的に音楽用レコードと同じくディスクの溝の変化をピックアップで読み取る CED方式と,ディスクに情報信号とは別に記録されているトラッキング信号によって溝なしでピックアップを案内する VHD方式とがある。光学方式,VHD方式とも,静止画,スローモーション,ランダムアクセスが可能。DVDやブルーレイディスクなど新しい記録媒体の普及に伴い,生産が縮小。2009年1月,唯一 LDの生産を継続していたパイオニアが生産・販売を終了すると発表した。



楽天市場検索: