actions

レプソル

ファイル:Petroximic tarrago.jpg
レプソルの石油精製コンビナート(スペイン タラゴナ州ポブラデマフメト)

レプソル S.A.[1]Repsol S.A., BMAD: REP)は、スペイン石油ガスの複合多国籍企業である。28カ国に活動拠点を持ち、従業員数は世界各地で4万人を超える。

事業内容

スペインに5カ所、アルゼンチンに3カ所、ペルーに1カ所の計9カ所の製油所を持ち、日産120万バレル以上の精製能力を有する。また、アルゼンチンの他の製油所やブラジルの2つの製油所とも協力関係にある。

ヨーロッパ中南米を中心に6,900カ所以上の販売拠点ネットワークを持ち、石油製品の販売を行なっている。液化天然ガス(LPG)では年間300万トン程の販売実績があり、世界第3位の企業となっている。

化学工業分野においては、レプソルはスペインに2カ所、アルゼンチンに3カ所の計5カ所のコンビナートを稼働させている。ヨーロッパ南部とメルコスールの各国が主な市場となっている。

財務指標

2004年12月31日現在の資本としては、額面1ユーロの株式が1,220,863,463株発行されており、マドリードニューヨークティッカーシンボル:REP)、ブエノスアイレスの各証券取引所で公開されている。レプソルはスペイン株式市場の最も重要な取引指標であるIBEX 35の中の1社となっている。

経営者

2004年10月、アルフォンソ・コルティナ (Alfonso Cortina)の辞任を受けて、代表がアントニオ・ブルファウ (Antonio Brufau Niubo)に代わった。

歴史

  • 1948: カルタヘナにおいてREPESA社が設立される。
  • 1981: INH (Instituto Nacional de Hidrocarburos) 設立。
  • 1986: レプソルグループ創設(INHが唯一の株主)。
  • 1989: INHはレプソルの民営化を始める。レプソルはスペインとニューヨーク証券取引所に上場した。
  • 1991: Gas Natural社設立。
  • 1997: INHはレプソルの民営化の過程を完了した。
  • 1998: YPFの購入提案。
  • 1999: レプソルによるYPFの買収。
  • 2007: エンリケ・エスケナシが支配するアルゼンチン企業のピーターセン・グループによる14.9%の購買。
  • 2008年11月: ルクオイルはレプソルYPF株の約30%の取得を希望した。
  • 2009: キューバ領内での掘削に関する協定を結ぶ。
  • 2010: イランで100億ドルと見積もられた投資の約定書に署名[2]
  • 2012: アルゼンチンとレプソルYPFはレプソルのアルゼンチンにおけるYPF設備の国有化で争う[3]
  • 2012: アルゼンチンによるYPFの接収[4]

モータースポーツ

ファイル:Mitsubishi LancerEvo VII Gr.N.jpg
レプソルカラーのラリーカー

フアン・ベラルデなどスペイン出身の選手をスポンサードしている他、ホンダ・レーシングと共にレプソル・ホンダチームを運営し、MotoGPに参戦している。

モータースポーツでは白地に赤、黄、青(もしくは黒)を組み合わせたレプソルカラーを使用する。

参照

関連項目

外部リンク

テンプレート:IBEX 35

座標: 西経4度3分4秒北緯38.67417度 西経4.05111度38.67417; -4.05111