actions

レウキッポス (ギリシア神話)

ファイル:07leucip.jpg
『レウキッポスの娘たちの略奪』ルーベンス

レウキッポス古希: Λεύκιππος, Leucippus)は、ギリシア神話の登場人物。最も有名なのはディオスクーロイに二人の娘を拐かされた父親のレウキッポスである。この項では、それについて記述する。

彼はペリエーレースゴルゴポネーの間にできた息子で、ポイベーとヒーラエイラという名の二人の娘を産んだ。その二人は上述のようにディオスクーロイポリュデウケースカストールとが拐い、それぞれにムネーシレーオスとアノーゴーンという名の子供ができた。

兄弟のアパレウスの息子たち、すなわちレウキッポスの甥であるイーダースリュンケウスはディオスクーロイのライバルでもあったので、その報復として戦いを挑み、後にカストールを殺した。


テンプレート:ラケダイモーンの系図

参考文献