actions

リスクフレーズ

リスクフレーズ英語: Risk Phrases、略:R-phrases)とは、欧州連合で制定された有害性化学物質のリスクの内容を表す一種の分類番号である。正式には「Directive 67/548/EEC Annex III」「67/548/EEC: 危険な物質の分類、包装、表示に関する法律、規則、行政規定の近似化に係わる1967 年6 月27 日付理事会指令」のAnnexIII "Nature of special risks attributed to dangerous substances and preparations"の危険警告句のことである。

欧州連合加盟国との間で輸出入される化学製品には以下の項目を付ける義務がある。

  • 「物質の名称」
  • 「製造業者/輸入業者の名称」
  • 「住所及び電話番号」
  • ハザードシンボル
  • 「危険指示、物質に起因する危険有害性リスクを示すリスクフレーズ
  • 「物質の安全使用、取扱い上の注意を表すセーフティフレーズ
  • EINECS番号

フレーズに関しては欧州連合で公文書を作成することになっている全ての公用語で制定されている。 製品にフレーズは記載せず記号のみを記載するのは多言語間にわたる運用を考慮しているためである。 日本語表記に関しては公的に制定されたものが無いためここに記載されているものは英語版を元にした日本語訳である。

項目一覧

組み合わせ

長年使用されていないリスクフレーズ

  • R13: 極めて強い引火性がある液化ガス
  • R47: 出生異常を引き起こすおそれがある。

関連項目

de:R- und S-Sätze#Liste der Hinweise auf besondere Risiken (R-Sätze)