actions

ラーオメドーン

ファイル:Herakles Laomedon MCA Valle Sabbia.jpg
ラーオメドーンを殺すヘーラクレース。

ラーオメドーン古希: Λαομέδων, Lāomedōn)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してラオメドンとも表記される。

トローイアの王イーロスとアドラーストス(テーバイ攻めの七将の一人のアドラーストスとは別人)の娘エウリュディケー(オルフェウスの妻とは別人)の子で、河神スカマンドロスの娘ストリューモー、オトレウスの娘プラキアー、あるいはレウキッペーを妻とし、ティートーノスラムポスクリュティオスヒケターオーンポダルケースプリアモス)、ヘーシオネーキラアステュオケーを、またニュムペーのカリュベーとの間にブーコリオーンをもうけた[1]。またプロクレイア[2]アンティゴネー、アイティラ、アイゲステーなどの娘がおり、一説にガニュメーデースもラーオメドーンの子供であるという。

神話

トローイアの城壁

神話によるとラーオメドーンの傲慢さを試すため、アポローンポセイドーンは人間に化けて1年の間ラーオメドーンに仕えた。ラーオメドーンは両神を酷使し、トローイアに城壁を築かせた。しかし城壁が完成したときラーオメドーンは報酬を払わないばかりか[3]、両手を縛って売り飛ばすと言い、両耳を切り落とす仕草をして、脅して帰らせようとした[4][注釈 1]。両神は怒り、アポローンはトローイアに疫病を起こし、ポセイドーンは海の怪物を送り込んだ。怪物は高潮に乗って陸に上がり、人々を襲って喰らった。

ラーオメドーンが神託に問うと、娘のヘーシオネーを怪物に捧げれば救われると告げた。ラーオメドーンは仕方なくヘーシオネーを海岸の岩に縛った[3]。一説に神託はトローイアの処女を捧げなければならないと告げたので、全ての処女を犠牲にした後に、最後に残ったヘーシオネーも怪物に捧げたという[5]

ヘーラクレースとの戦争

ヘーラクレースゼウスガニュメーデースの代償にトロース王に与えた神馬を欲しいと思っていたので、アマゾーンの国から帰る途中にトローイアに立ち寄った。そしてヘーシオネーが海岸に縛られているのを見て、トロースの馬を報酬にくれるならば怪物を退治すると申し出た。そこでラーオメドーンは承諾し[3]、トローイア人とアテーナーは土を盛り、ヘーラクレースが怪物と戦うための防壁を築いた[6]。ヘーラクレースは怪物の腹の中に入り込み、3日も胃の中にいたので頭がはげてしまったが怪物を倒した[7]。こうしてヘーラクレースはヘーシオネーを助け出したが、ラーオメドーンは報酬を与えるのを拒んだ。ヘーラクレースは怒り、いつか復讐すると告げてトローイアを出航した[3]

後にヘーラクレースが軍を率いてトローイアに攻めてきたとき、ラーオメドーンは船を攻撃し、留守を守っていたオイクレースを殺したが追い返され、トローイアを包囲された。そしてテラモーンに城壁を破られ、攻め落とされた。ラーオメドーンはヘーシオネーとポダルケースを除く子供たちとともに射殺された[8]

系図

テンプレート:トロイアの系図

脚注

注釈

  1. 『イーリアス』ではアポローンはの世話をし、ポセイドーンは城壁を築いたという[4]

脚注

  1. アポロドーロス、3巻12・3。
  2. アポロドーロス、摘要(E)3・24。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 アポロドーロス、2巻5・9。
  4. 4.0 4.1 『イーリアス』21巻434行-460行。
  5. ヒュギーヌス、89話。
  6. 『イーリアス』20巻144行-155行。
  7. リュコプローン古註、34(カール・ケレーニイ『ギリシアの神話 英雄の時代』邦訳、p.191)。
  8. アポロドーロス、2巻6・4。

参考文献