actions

ラーオダマース

ラーオダマース古希: Λαοδάμας, Lāodamās)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してラオダマスとも表記される。主にエテオクレースの子のほか数人が知られている。

エテオクレースの子

ラーオダマースΛαοδάμας, Lāodamās)は、テーバイ王エテオクレースの子である。

父エテオクレースがアドラーストスら7将の攻撃を受け、ポリュネイケースと相討ちになって死んだとき、ラーオダマースはまだ子供だった。そのためメノイケウスの子クレオーンがかわりに王となり、成長したときにラーオダマースがテーバイの王となった。しかしエピゴノイによって再びテーバイが攻められたとき、ラーオダマースはボイオーティアのグリサス付近でエピゴノイの軍勢と交戦し、アイギアレウスを討ち取ったが敗れ、自分に従う者を連れてイリュリア[1]、エンケレイス族のところに去った[2]。また彼らの一部はテッサリアーのホモレーに向かい、後テルサンドロスに迎えられた[3]

しかしラーオダマースはアイギアレウスを討ったあと、アルクマイオーンに討たれたともいう[4]

テンプレート:カドモスの系図

その他のラーオダマース

脚注

  1. パウサニアス、9巻5・13、10・3、9・5。
  2. ヘロドトス、5巻・61。
  3. パウサニアス、9巻8・6~8・7。
  4. アポロドーロス、3巻7・3。
  5. イーリアス』15巻。
  6. オデュッセイア』8巻。

参考文献