actions

ヨウィアヌス


フラウィウス・ヨウィアヌスFlavius Jovianus, 331年 - 364年2月17日)は、ローマ帝国皇帝(在位:363年 - 364年)。 

ヨウィアヌスは331年にシンギドゥヌムで生まれた。父親は将軍のウァロニアヌスで息子のヨウィアヌスも軍へ入隊した。軍司令官を経て執政官となり、サーサーン朝との戦いに従軍。この戦争で戦没したユリアヌスは副帝を指名しておらず、また、適当な親族も残っていなかったので、軍隊によって363年に皇帝に選出された。糧食が乏しい状況で敵中に残されたヨウィアヌスは、ペルシア王シャープール2世と屈辱的和議(アルメニアメソポタミアチグリス川以東の放棄)を結び、撤退。364年にコンスタンティノポリスへの帰還の途中、ビテュニア属州のダダスタナ付近で火鉢によるガス中毒で死亡したといわれている。ただし、暗殺説もある。