actions

ユーロコプター EC 145

ユーロコプター EC 145

Rega(スイス航空救助隊)のEC 145

Rega(スイス航空救助隊)のEC 145

EC 145

ユーロコプター(現エアバス・ヘリコプターズ)社が生産する双発の軽量多目的ヘリコプター

概要

BK117は、ダイムラー・ベンツヘリコプター部門であるMBB社と川崎重工業が共同開発したヘリコプターだが、MBB社が1992年アエロスパシアル・マトラ社のヘリコプター部門と合併してユーロコプター社(現在のエアバス・ヘリコプターズ)になった後、同社のECシリーズのブランド名を冠したラインナップに加えられることとなり、EC 145の販売名が与えられた。この時期までに、BK117シリーズはC-2型の量産に進んだため、実際にEC 145の名称を冠して販売されることになったのはこれ以降の型式となる。なお、川崎重工業が組み立ておよび販売を行う機体は、引き続きBK117の型式名で販売されている。EC 145は双発で9名までの乗員を2名の操縦士と共に輸送できる。ユーロコプターは、EC 145が旅客輸送・社用・救命救急(EMS)・捜索救助などに使用されることを想定し、各種オプションを用意している。その後、フェネストロンを装備したBK117D-2型が、EC 145T2としてラインナップに加わった。2014年にはユーロコプターの社名がエアバス・ヘリコプターズへ変更したことで現在はH145と改称されている[1]軍用版H145M(改称前の名称はEC 645)またはUH-72 ラコタとして訓練・兵站・救急搬送・偵察・攻撃・兵員輸送などの用途に使用される。H145Mはドイツ空軍KSKの支援用に導入するなど、近年ヨーロッパ諸国を中心に採用が増えている。

脚注

外部リンク




楽天市場検索: