actions

モルの日

{{ safesubst:#invoke:Unsubst||$N=Use mdy dates |date=__DATE__ |$B= }} モルの日(モルのひ、: Mole day)は、化学者や化学を学ぶ学生、化学マニアによって10月23日の午前6:02から午後6:02の間[1][2][3][4]に祝われる非公式の祝日である。米国式の表記では6:02 10/23となる。この時間と日付は、1モル(mole、mol)の物質中の粒子(原子または分子)の数を定義するアボガドロ数(約6.02 × 1023)に由来する。モルは7つのSI基本単位の一つである。

概要

モルの日は1980年代初頭のThe Science Teacher誌の記事に起源がある[5]。この記事から着想し、ウィスコンシン州プレーリー・ドゥ・シーンEnglish版の高校の化学教師Maurice Oehlerが1991年5月15日に全国モルの日財団(National Mole Day Foundation、NMDF)を設立した[5]

アメリカ合衆国南アフリカオーストラリアカナダの多くの高校が、生徒に化学に興味を持ってもらうためにモルの日を祝っており、化学あるいはモルに関連した様々な活動が行なわれる。

アメリカ化学会は、10月23日を挟む日曜日から土曜日に開催される全米化学週間English版を後援している。

出典

関連項目

外部リンク