actions

メレス・ゼナウィ

メレス・ゼナウィ・アスレスアムハラ語: መለስ ዜናዊ, 英語: Meles Zenawi Asres1955年5月8日 - 2012年8月20日)は、エチオピア政治家。同国暫定大統領(1991年-1995年)、首相エチオピア人民革命民主戦線(EPRDF)書記長などを歴任した。

人物

アディスアベバ大学医学部中退。1975年に反政府勢力ティグレ人民解放戦線 (TPLF) を結成し、議長を務める。1980年代はホッジャ主義を掲げたティグレ・マルクス・レーニン主義連盟(MLLT)に属した。1989年5月には他のゲリラ組織とともにエチオピア人民革命民主戦線 (EPRDF) を結成し、書記長に就任。1991年5月にはメンギスツ・ハイレ・マリアム率いるエチオピア労働者党独裁政権を倒し、7月23日に暫定大統領となる。

1995年8月22日に首相に就任し実権を握ると、エチオピアの経済成長を成し遂げたが、政治面では権威主義的な統治を行い[1][2]、少数民族の抑圧や報道規制、野党の活動規制などを強め、人権団体からは「アフリカ最大の人権抑圧者」などと非難を受けてきた[3]

2003年日本国士舘大学より名誉博士号を贈呈された。

2012年7月に病気のために入院し、治療に当たっていたが[4]8月20日、永眠[5]。57歳没。

脚注

関連項目

外交職
先代:
ザイン・アル=アービディーン・ベン=アリー
アフリカ統一機構議長
第33代:1995 - 1996
次代:
ポール・ビヤ
公職
先代:
Tamirat Layne(en)
[[ファイル:テンプレート:Country flag alias エチオピア|border|25x20px|テンプレート:Country alias エチオピアの旗]] エチオピア連邦民主共和国首相
1995 - 2012
次代:
ハイレマリアム・デサレン


テンプレート:エチオピア大統領 テンプレート:アフリカ連合の総会議長

テンプレート:ET-stub