actions

ムアーウィヤ1世

アラビア語: معاوية ‎, ラテン文字転写: Mu'āwiya, 603年頃 - 680年4月18日

ウマイヤ朝初代のカリフ (在位 661~680) 。メッカのクライシ族ウマイヤ家出身。父は預言者ムハンマドの宿敵アブー・スフヤーン。ムハンマドのメッカ征服後イスラムに改宗し,シリア征服戦,対ビザンチン戦に活躍し,シリア総督としてシリア駐留のアラブ戦士を統率した。アリーが第4代カリフに就任したとき,これを認めず対立抗争した。 661年アリーが暗殺されるとダマスカスでカリフ位につき,息子ヤジードをその後継者に指名してウマイヤ家によるカリフ位独占の道を開いた。