操作

マルティヌス4世 (ローマ教皇)

マルティヌス4世
教皇就任 1281年2月22日
教皇離任 1285年3月28日
先代 ニコラウス3世
次代 ホノリウス4世
個人情報
本名 Simon de Brion
出生 1210年から1220年
Pavillon royal de la France.svgフランス王国トゥーレーヌ
死去 1285年3月28日
20px教皇領ペルージャ
その他のマルティヌス

マルティヌス4世(Martinus IV,1210年1220年とも)? - 1285年3月28日)はローマ教皇(在位:1281年 - 1285年)。フランストゥーレーヌの出身で、本名はシモン・ド・ブリオン(Simon de Brion)。

生涯・人物

ボローニャ大学で学び、1238年司教座聖堂参事会員に任命され、1248年ルーアンの助祭枢機卿、1259年から1261年までフランスルイ9世の秘書を務めた。1261年ウルバヌス4世司祭枢機卿に任命、1264年ではクレメンス4世から教皇使節に任命され、1269年まで務めたが、グレゴリウス10世によって1274年に再任、1279年まで教皇使節として活動した。

1280年8月22日ニコラウス3世の没後コンクラーヴェが開かれたが、1281年2月に半年経っても次期教皇が決まらない事に苛立ったローマ市民が乱入、枢機卿を連れ去る騒ぎに発展したが、シチリアシャルル・ダンジューが鎮圧、22日にシモンが教皇に選ばれ、マルティヌス4世を名乗った。

在任中はシャルルに依存しきっており、彼をローマ元老院議員に任命、東ローマ帝国皇帝ミカエル8世破門、シャルルの東ローマ帝国遠征を支持、第2リヨン公会議で宣言された東西教会の合同も取り消してしまった。1282年シチリアの晩祷事件が発生し、シャルルはシチリアを失い、島の住民から教皇の直接統治を懇願された。マルティヌス4世はこれを拒否し、逆に全島民、および代わってシチリア王に即位したアラゴンペドロ3世を破門にしたが、結局シャルルはシチリアを奪還できず、甥のフランス王フィリップ3世共々敗北を重ねた。

1285年、ペルージャで死去。シャルル、フィリップ3世、ペドロ3世も同年に死亡した。

ダンテ・アリギエーリの『神曲』ではボルセーナ湖ヴェルナッチャワイン漬の炙り焼きを過食し、死後煉獄で贖罪の日々をおくっている[1]

脚注

  1. ダンテ神曲』煉獄編 XXIV, 21-24