actions

マヌエル2世 (ポルトガル王)


マヌエル2世ポルトガル語: Manuel II, 1889年3月19日 - 1932年7月2日)は、ポルトガル王国の最後の国王(在位:1908年2月1日 - 1910年10月4日)。カルロス1世フランス国王ルイ・フィリップの曾孫アメリア王妃の子。実名はマヌエル・マリア・フィリペ・カルロス・アメリオ・ルイス・ミゲル・ラファエル・ガブリエル・ゴンザガ・シャヴィエル・フランシスコ・デ・アシス・エウジェニオ(Manuel Maria Filipe Carlos Amélio Luís Miguel Rafael Gabriel Gonzaga Xavier Francisco de Assis Eugénio)で、「愛国王(o Patriota)」と呼ばれる。

生涯

祖父ルイス1世の治世最後の年に生まれ、ベージャ公爵の称号を授けられた。

1908年にマヌエルが即位したのは、父王カルロスと兄の王太子ブラガンサ公爵ルイス・フィリペが、同時に急進共和主義者に暗殺されたためである。マヌエルもこの暗殺事件で負傷した。

若いマヌエルは、国王としての教育を受けていなかったが、崩壊に向かうブラガンサ王家を独裁者ジョアン・フランコEnglish版の内閣から守ろうと努めた。自由選挙が行われ、共和政が成立した。王位を追われたマヌエル2世はジブラルタルを経てイギリスへ亡命した。

ポルトガル国内の王党派は王政復古運動を進めていたが、1910年にブラガンサ王家の復活に失敗している。

1913年9月4日、ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン侯ヴィルヘルムの娘アウグステ・ヴィクトリアとイギリスで結婚した。亡命後のマヌエルは中世からルネサンス期のポルトガル文学についての非常に貴重な本を執筆するのをライフワークとした。

1932年ミドルセックスで死去した。妻アウグスタとの間に子がなかったため、死の前に後継者としてドゥアルテ・ヌノミゲル1世の長男ミゲル2世の子)を指名していた。ドゥアルテ・ヌノはブラジル皇帝ペドロ2世の曾孫で従妹のマリア・フランシスカを妻に迎え、国王の母アメリー・ドルレアンはドゥアルテ・ヌノの長男ドゥアルテ・ピオの名付け親を務めた。

脚注

参考文献

関連項目

ファイル:Manuel - Ultimo Foto.jpg
マヌエル2世(1932年)


テンプレート:ポルトガル王

テンプレート:Portugal-stub