actions

マックス・シュティルナー

マックス・シュティルナーMax Stirner, 1806年10月25日 - 1856年6月26日

ドイツの哲学者。個人主義的無政府主義者。ヘーゲル左派に属す。本名 Johann Kaspar Schmidt。 1826~28年ベルリン大学で哲学を学び,ヘーゲルの影響を受けた。その後,短期間,エルランゲン,ケーニヒスベルクの各大学で学んだのち,ベルリンに戻り,女学校教師をつとめながら,シュティルナーの筆名で哲学的著述に励んだ。理性主義に反対して,主著『唯一者とその所有』 Der Einzige und sein Eigentum (1845) のなかで自我主義を徹底的に追究,唯一の現実は自我であり,自我こそが創造的虚無であるとし,唯一者とその自己所有の思想を説いた。彼の思想は無政府主義者たちに迎えられたほか,ニーチェの「超人」の思想にも影響を与えた。 20世紀実存主義の一つの源泉とみなされることもある。主著『反動の歴史』 Geschichte der Reaktion (1852) ,『小論集』 Max Stirners Kleinere Schriften (1898) 。



楽天市場検索: