actions

マクベス (スコットランド王)

マクベタッド・マク・フィンレックMac Bethad mac Findlaich, 現代ゲール語:MacBheatha mac Fhionnlaigh, 1005年 - 1057年8月15日)は、スコットランド王(在位 : 1040年 - 1057年)。ウィリアム・シェイクスピア戯曲の題名にもなったマクベスMacbeth)の通称で世界的に知られる。マルカム2世の次女ドウナダ(Donada)とマリ領主フィンレック(Findlaich)の間に生まれた。異父兄にオークニー伯トールフィン(ソーフィン)がいる。マクベスの名は、ゲール語で「生命の子(マク・ベーサ)」の意味である[1]

生涯

1040年8月14日、従兄のダンカン1世を殺害し、王位を奪った。マクベスは、反対勢力や王位継承の可能性のある者たちを次々と抹殺していった[2]1043年にアルピン王家の血を引くバンクォウを殺害、1045年にはダンカン1世の父でアサル領主English版クリナンEnglish版と戦って彼を殺害した[2]

マクベスは統治能力に優れた人物と言われ、17年と当時としては長期間在位した[2]。また、1050年にはローマへの巡礼旅行に出ている[2]

1054年マルカム・カンモースクーンの戦いで大敗し、1057年ランファナンの戦いで戦死した。

1032年頃にケネス3世の孫娘グロッホと結婚した。マクベスの死後、王位は継子ルーラッハ(グロッホと先夫マリ領主ギラコムガンとの間の息子)が継承したが、ルーラッハも即位から4か月後にマルカム・カンモーに殺害され、マルカム・カンモーがマルカム3世として即位した[3]

脚注

  1. トランター、p. 40
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 森、p. 35
  3. 森、p. 37

参考文献

  • 森護 『スコットランド王室史話』 大修館書店、1988年
  • ナイジェル・トランター 『スコットランド物語』 大修館書店、1997年