actions

マイケル・ヒックス・ビーチ (初代セント・アルドウィン伯爵)

初代セント・アルドウィン伯爵マイケル・エドワード・ヒックス・ビーチ: Michael Edward Hicks Beach, 1st Earl St Aldwyn, PC, PC (Ire)1837年10月23日 - 1916年4月30日)は、イギリスの政治家、貴族。

ヴィクトリア朝後期の保守党政権で閣僚職を歴任した。

経歴

1837年10月23日ロンドンセント・ジョージ・ハノーヴァー・スクウェアEnglish版に生まれる。父はサー・マイケル・ヒックス・ビーチ准男爵English版、母はその夫人ハリエッタだった[1]

イートン校を経てオックスフォード大学クライスト・チャーチへ進学した[2]

1864年から1885年にかけてイースト・グロスターシャー選挙区English版、ついで1885年から叙爵される1906年までブリストル・ウェスト選挙区English版から選出されて庶民院議員を務めた[3]

保守党に所属し、第二次ディズレーリ内閣でははじめアイルランド担当大臣English版として入閣したが、1878年には露土戦争の対応をめぐってディズレーリの親トルコ方針に反対して辞職した親露派閣僚カーナーヴォン伯爵の代わりに植民地大臣English版に就任した。ヒックス・ビーチは徹底した反ロシア派であった[4]。ヒックス・ビーチは南アフリカ情勢にほとんど関心がなく、また電信技術の不十分さもあって、英領ナタールEnglish版行政府高等弁務官English版サー・ヘンリー・バートル・フレアEnglish版との意思疎通がうまくいっていなかった。フレアが再三にわたって求めた対ズールー族強硬策には反対し続けたが、結局フレアは本国に独断でズールー戦争を開始してズールー族を征服している[5]

1885年から1886年第一次ソールズベリー侯爵内閣には財務大臣庶民院院内総務として入閣。彼が庶民院院内総務になったのはそれまでの保守党庶民院院内総務だったサー・スタッフォード・ノースコート准男爵が政権交代とともにイデスリー伯爵位を与えられて貴族院へ移籍したためである。保守党全党党首ソールズベリー侯爵からその後任に指名されたのだった[6]

1886年から1892年第二次ソールズベリー侯爵内閣にはアイルランド担当大臣や通商大臣English版として入閣した。

1895年から1902年にかけての第三次ソールズベリー侯爵内閣には財務大臣として入閣する。19世紀末、中国分割をめぐってロシア帝国満洲・北中国に支配権を確立し、自国の独占市場(勢力圏)とするようになると、ヒックス・ビーチは門戸開放を積極的に訴えることでロシア帝国主義の抑止を図った。1898年1月には「イギリス政府はどのような犠牲を払っても、より端的に言えば、もし必要とあれば戦争をしてでも門戸は閉鎖されてはならないと固く決心している」と演説した[7]

1902年に終結した第二次ボーア戦争は予想外に膨大な戦費が必要になり、これに対応すべくヒックス・ビーチは1902年6月に可決させた予算で所得税の増税、印紙税の導入、そして多少の額の輸入穀物関税の導入を行った。輸入穀物関税はパンの値上がりにつながるとして国民からの評判が悪く、保守党内からも労働者票の離反につながると反対の声もあがっていたが、それに対してヒックス・ビーチは「砂糖や煙草に課税する方が貧困者にとって重い負担であり、この程度の穀物関税ならパンの価格は高騰しない」と反論していた[8]。ソールズベリー侯爵が1902年7月に首相職を辞して政界の第一線を退くと、ヒックス・ビーチもそれを機に政界の第一線から退き、財務大臣を辞した[9]

その後、保守党政権はヒックス・ビーチの残した穀物関税をめぐって、植民地大臣ジョゼフ・チェンバレンら関税改革派(保護貿易派)と財務大臣チャールズ・リッチーEnglish版ら自由貿易維持派に分裂していく[10]。ヒックス・ビーチは退任後には自由貿易維持派として行動し、デヴォンシャー公爵を総裁とした「統一党[注釈 1]無関税食糧連盟(Unionist Free Food League)」の結成に携わった[11]

1906年にセント・アルドウィン子爵に叙せられて貴族院へ移籍[3][12]。さらに1915年にはセント・アルドウィン伯爵とケニントン子爵に叙せられた[13]

1916年4月30日にロンドンで死去。78歳だった[1]

人物

国教会と地主の代弁者で徹底した保守主義者だった[14]

口が悪く、辛辣で知られ、「ブラック・マイケル」の異名を取った[14]

家族

1874年にルーシー・フォーテスキュー(第3代フォーテスキュー伯爵English版の娘)と結婚し、彼女との間に以下の4子を儲ける[1]

脚注

注釈

  1. 保守党と自由統一党の統合名。

出典

  1. 1.0 1.1 1.2 Lundy, Darryl. “Michael Edward Hicks-Beach, 1st Earl St. Aldwyn” (英語). thepeerage.com. . 2014閲覧.
  2. Dod, Robert P. (1860). The Peerage, Baronetage and Knightage of Great Britain and Ireland. London: Whitaker and Co., 109. 
  3. 3.0 3.1 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「hansard」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  4. ブレイク(1993) p.775
  5. ブレイク(1993) p.775-776
  6. ブレイク(1979) p.230
  7. 坂井(1967) p.277
  8. 坂井(1967) p.205
  9. ブレイク(1979) p.210
  10. 坂井(1967) p.208
  11. 坂井(1967) p.211
  12. The London Gazette: no. 27873. p. 187. 1906年1月9日
  13. The London Gazette: no. 29084. p. 1975. 1915年2月26日
  14. 14.0 14.1 タックマン(1990) p.54

参考文献

外部リンク

公職
先代:
ジョージ・スクーター=ブースEnglish版
救貧庁長官English版
1868年
次代:
アーサー・ピールEnglish版
先代:
サー・ジェームズ・ファーガソン准男爵English版
内務省政務次官English版
1868年
次代:
エドワード・ナッチブル=ヒュージェスンEnglish版
先代:
ハーティントン侯爵
アイルランド担当大臣English版
1874年1878年
次代:
ジェームズ・ロウサーEnglish版
先代:
第4代カーナーヴォン伯爵
植民地大臣English版
1878年1880年
次代:
初代キンバリー伯爵
先代:
ヒュー・チルダーズ
財務大臣
1885年1886年
次代:
サー・ウィリアム・ヴァーノン・ハーコート
先代:
ウィリアム・グラッドストン
庶民院院内総務
1885年1886年
次代:
ウィリアム・グラッドストン
先代:
ジョン・モーリーEnglish版
アイルランド担当大臣
1886年1887年
次代:
アーサー・バルフォア
先代:
無任所大臣English版
1887年1888年
次代:
先代:
初代スタンリー・オブ・プレストン男爵
通商大臣English版
1888年1892年
次代:
アンソニー・ジョン・マンデラEnglish版
先代:
サー・ウィリアム・ヴァーノン・ハーコート
財務大臣
1895年1902年
次代:
チャールズ・リッチーEnglish版
党職
先代:
パーシー伯爵English版
保守党協会全国同盟English版議長
ランドルフ・チャーチル卿と共同で

1884年
次代:
クロード・ハミルトン卿English版
先代:
サー・スタッフォード・ノースコート准男爵
保守党庶民院院内総務English版
1885年 - 1886年
次代:
ランドルフ・チャーチル卿
イギリスの爵位
新設 セント・アルドウィン伯爵
1915年1916年
次代:
マイケル・ヒックス・ビーチEnglish版
セント・アルドウィン子爵
1906年1916年
イギリスの準男爵
先代:
マイケル・ヒックス=ビーチEnglish版
第9代准男爵
1854年1916年
次代:
マイケル・ヒックス・ビーチEnglish版