actions

ポール・ド・マン

ポール・ド・マンPaul de Man1919年12月6日 - 1983年12月21日

ベルギーアントウェルペン出身のアメリカ合衆国文学理論家文学者哲学者である。アメリカ合衆国及び英語圏での文学研究にドイツ及びフランスの哲学的(大陸哲学的)方法を輸入した著名な学者の一人として有名。

ブリュッセルエコール・ポリテクニーク工学を学び、ブリュッセル自由大学化学哲学を学ぶ。1946年、アメリカに移住。1960年ハーバード大学Ph.D.取得。コーネル大学ジョンズ・ホプキンス大学を経て、イェール大学で教授を務めた。

デリダの影響を受け、脱構築批評を確立したイェール学派の代表的存在。 誤読、精神分析、脱構築、修辞学を中心に文学作品を独自の手法で読み解いた。 死後、ナチス・ドイツ統治期の反ユダヤ的文章が見つかり批判された。

政治家・元フランクフルト大学教授でナチス・ドイツ統治下の対独協力者の一人であるアンリ・ド・マン(ヘンドリック・ド・マン)は叔父。弟子に、ポストコロニアル批評家ガヤトリ・C・スピヴァク、作家水村美苗がいる。

関連項目