actions

ポリュメーデー

ポリュメーデー古希: Πολυμήδη, Polymēdē)は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してポリュメデとも表記される。アウトリュコスの娘で[1]アンティクレイア[2][3]、アイシモスと兄弟。アポロドーロスによるとアイソーンと結婚し、イアーソーン[1]プロマコスを生んだ[4]。ただしヘーシオドスではアイソーンの妻の名前はポリュメーレーとなっており[5][6]、他の説ではアルキメデーである[7][8]

イオールコスペリアースは、コルキスに旅立ったイアーソーンの帰還をしばらくの間は待っていた。しかしやがて待つのを諦めてアイソーンを殺そうとした。そのためアイソーンとポリュメーデーは幼いプロマコスを残して自殺した。アイソーンは供儀の最中に牡牛の血を飲んで死に、ポリュメーデーはペリアースを呪いながら首を吊って死んだ。ペリアースは残されたプロマコスをも殺したという[4]

系図

テンプレート:ヘオースポロスの系図

脚注

  1. 1.0 1.1 アポロドーロス、1巻9・16。
  2. 『オデュッセイア』11巻85行。
  3. 『オデュッセイア』19巻394行。
  4. 4.0 4.1 アポロドーロス、1巻9・27。
  5. ヘーシオドス断片37。
  6. ヘーシオドス断片69。
  7. ロドスのアポローニオス、1巻33行-47行。
  8. レロスのペレキュデース断片(『オデュッセイア』12巻69行への古註)。

参考文献