actions

ボーイング T50

ボーイング T50 (社内分類符号モデル 502) はボーイングによって生産された小型ターボシャフトエンジンである。ボーイングの初期のモデル 500のガス発生器を原型とした T50の主要な搭載機は1950年代の無人ヘリコプターであるQH-50 ダッシュだった。出力向上型の分類符号モデル 550は QH-50Dの動力として開発され軍用分類符号T50-BO-12が与えられた。

派生型

T50-BO-4
毎分6,000回転時の出力がテンプレート:Convert/hpの軍用ターボプロップ[1]
T50-BO-6
T50-BO-8
毎分5,950回転時の出力がテンプレート:Convert/hpで減速比、燃料供給系等を改良した。[1]
T50-BO-8A
T50-BO-10
毎分6,000回転時の出力がテンプレート:Convert/hp[1]
T50-BO-12
502-2E
ターボプロップ 毎分2,900回転時の海面高度での定格出力がテンプレート:Convert/hp[2]
502-7B
空気圧縮機[2]
502-8A
ターボシャフト[2]
502-8B
ターボプロップ、離陸時に圧縮機が毎分37,500回転の時に出力がテンプレート:Convert/hp[2]
502-10B
ターボプロップ、離陸時に圧縮機が毎分37,500回転の時に出力がテンプレート:Convert/hp[2]
502-10C
502-10V
(T50-BO-4)
502-10VB
毎分3,000回転時の出力がテンプレート:Convert/hp -10Vの派生型 / 減速比が変更されたT50-B0-4[1]
502-10VC
(T50-BO-8)
502-11
空気圧縮機[2]
502-12B
502-W
502-14
(T50-BO-10)
550-1
(T50-BO-12)

搭載機

T50 (モデル 502)
GT502

仕様諸元 (T50-BO-10 / 502-14)

ファイル:QH-50 05-1526 DD-692.jpg
1960年代末のアレン・M・サムナー (DD-692)艦上の対潜水艦無人航空機 QH-50D T50 エンジンが右に見える

テンプレート:Jetspecs

関連項目

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 Taylor, John W.R. FRHistS. ARAeS (1962). Jane's All the World's Aircraft 1962-63. London: Sampson, Low, Marston & Co Ltd. 
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 Bridgman, Leonard (1955). Jane's all the World's Aircraft 1955-56. London: Jane's all the World's Aircraft Publishing Co. Ltd.. 

出典

  • Taylor, John W.R. FRHistS. ARAeS (1962). Jane's All the World's Aircraft 1962-63. London: Sampson, Low, Marston & Co Ltd. 
  • Gunston, Bill (2006). World Encyclopedia of Aero Engines, 5th Edition. Phoenix Mill, Gloucestershire, England, UK: Sutton Publishing Limited, 79. ISBN 0-7509-4479-X. 
  • Leyes II, Richard A. (1999). The History of North American Small Gas Turbine Aircraft Engines. Washington, DC: Smithsonian Institution. ISBN 1-56347-332-1. 

外部リンク


テンプレート:USAF gas turbine engines