actions

ボーイング747

ボーイング 747から転送)

ボーイング747

最新型のボーイング747-8F

最新型のボーイング747-8F


ボーイング747Boeing 747

アメリカ合衆国のボーイングが開発した4発の大型ワイドボディ旅客機。胴体直径をそれまでの2倍に近い大きさに広げてキャビンに2本の通路を設け,ワイトボディ時代の幕を開いた。その巨大さからジャンボ・ジェットとも呼ばれ,航空旅行の大衆化を促進した。開発計画の発端は 1960年代半ば,パンアメリカン航空の要請に基づき,アメリカ空軍の戦略輸送機計画でロッキードC-5に敗れた設計案を民間向けに転用したもの。定期路線に就航したのは 1970年,1989年には新しいアビオニクスを備え,翼端にウィングレット (小翼) を付けるなどの改良を加えた 747-400が登場した。 747-400は標準座席数 416,全長 70.7m,全幅 64.4m,最大離陸重量 397t,巡航速度マッハ 0.855,航続距離1万 3445km。受注数は 1400機をこえる。 2005年 11月には新しい 747-8の開発計画が打ち出された。これは 747-400にくらべて胴体が 4m近く長くなり,乗客数が標準 416人から 450人へ増える。エンジンも新しくなって燃料効率がよくなり,航続距離は1万 4800kmまで伸びる。

外部リンク





楽天市場検索: