操作

ボーイングNLA

ボーイングNLABoeing NLA)とは、アメリカの航空機メーカーボーイング社がボーイング747ジャンボジェットよりも大型の旅客機の構想として発表した、New Large Aircraft構想(新大型機旅客機計画)のことである。

概要

1991年6月にボーイング747-400をベースに大型化を図る「747-X計画」を発表し、その後1992年3月に「747-400発達型」とは別に全てを新設計とした機体を発表したが、後者の計画のことである。 このNLAは747-400発達型を含めて5機種が検討されていた。その後、1機種に絞ることとなっていた[1]
NLAは500席以上の機体市場を狙って発表されたもので、同時期にはエアバスA3XX(現在のA380)とマクドネル・ダグラスMD-12の構想も発表されていた。しかしながら、この計画はライバルメーカーの計画を牽制するために発表した側面もあり、ボーイング社は同規模の旅客機市場では複数のメーカーが参入するほどの市場規模はないとして、実際に開発に着手することはなく、ボーイング747の性能向上型の開発に力を入れるようになった。次世代超大型機の構想は水面下に沈み、この市場はエアバス社のA380が独占するように見えた。しかし、ボーイング社も簡単にユーザーを見放すことはせず747Advanced 計画として再び浮上して来た。そして2005年11月15日、日本貨物航空カーゴルックスによる発注(貨物型)によりボーイング747-8として正式ローンチすることとなった。この型は前述の「新大型旅客機構想」の答えである。

構想上の機体性能

  • 操縦乗員:2 
  • 乗客:606
  • 全幅:77.7m
  • 離陸重量:1,214,800ポンド(552,182kg)
  • エンジン出力:70,000lbf(310kN)×4
  • 航続距離:14,538km(9,086マイル)

他の検討された機体のスペック

開発名:ボーイング747-X[2](総二階建て構造[3],開発凍結)

  • 全長:70m
  • 全幅:80m
  • 全高:23m
  • 座席数:800席(モノクラス)
  • 最大離陸重量:565t

注釈

  1. 「航空情報」(1994年1月号,P65)
  2. 「航空情報」(1995年9月号,P117)
  3. 「航空情報」(1994年1月号,P65)[想像図]

関連項目