actions

ボニファティウス9世 (ローマ教皇)


ボニファティウス9世(Bonifacius IX 1350年 - 1404年10月1日、在位:1389年 - 1404年)は14世紀末から15世紀初め、教会大分裂の時期のローマ教皇である。

ナポリの古い貴族の出で、本名はピエトロ・トマセッリ(Piero Tomacelli)。教皇ウルバヌス6世の後、教皇に選出され、イタリアの大部分と神聖ローマ帝国イングランドハンガリーポーランドの支持を得る。

資金集めに手段を選ばず(聖年を2度行ったのもその1つ)、バチカン宮殿を要塞化し、ローマ市の支配権を握ったという。(ローマ教皇庁の建て直しに力を尽くしたともいえるだろう)

在世中の出来事