actions

ペリエーレース

ペリエーレース古希: Περιήρης, Periērēs)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してペリエレスとも表記される。同名の複数の人物が知られている。それらは、

である。以下に説明する。

ゴルゴポネーの夫

この人物はメッセーネーの王で、ペルセウスの娘ゴルゴポネーと結婚したが、その出自について大きく2つの意見がある。それは、

  1. アイオロスエナレテーの子とする説[1]
  2. キュノルタスアミュクラースディオメーデー)の子とする説[2]

の2つである。

いずれもアポロドーロスが述べており、1についてはカール・ケレーニイ[3]ロバート・グレーヴスがこの説をとっているが[4]、古代ではむしろ2の説をとる者が多かったとアポロドーロスは述べている[2]

ペリエーレースはゴルゴポネーとの間にテュンダレオースイーカリオスアパレウスレウキッポスをもうけたが[2][5]、異説も多い。

たとえば2人の子供はアパレウスとレウキッポスで[6][7]、テュンダレオースとイーカリオスの父はゴルゴポネーの再婚相手オイバロスであるとか[8]、オイバロスはペリエーレース(キュノルタスの子)の子で、オイバロスとニュムペーのバテイアからテュンダレオス、ヒッポコオーン、イーカリオスが生まれたとか言われる[9]

系図

テンプレート:ラケダイモーンの系図

メノイケウスの御者

この人物は、テーバイ王家に属するメノイケウス(ペンテウスの子孫)に仕える御者で、テーバイとオルコメノス戦争の原因をつくった。

ペリエーレースは、オンケーストス海神ポセイドーンの神域)で、オルコメノスの王クリュメノスを石を投じて重傷を負わせた。クリュメノスはオルコメノスで死亡したが、そのとき息子のエルギーノスにテーバイに復讐を命じた。この結果オルコメノスとテーバイの間に戦争が起こり、テーバイは20年間賠償することで停戦した。テーバイは後にヘーラクレースによって解放された[10]

脚注

  1. アポロドーロス、1巻7・4。
  2. 2.0 2.1 2.2 アポロドーロス、1巻9・4。
  3. カール・ケレーニイ『ギリシアの神話 英雄の時代』1部11章(p.116)。
  4. ロバート・グレーヴス『ギリシア神話』74a。
  5. ステーシコロス断片(アポロドーロス、3巻10・3)。
  6. アポロドーロス、3巻10・4。
  7. パウサニアス、4巻2・4。
  8. 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.128a。
  9. アポロドーロス、3巻10・4。
  10. アポロドーロス、2巻4・11。

参考文献