操作

ペヘレイ

ペヘレイ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊椎動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: トウゴロウイワシ目 Atheriniformes
: アテリノプシス科 Atherinopsidae
: オドンテステス属 Odontesthes
: ペヘレイ O. bonariensis
学名
Odontesthes bonariensis
(Valenciennes,1835)
和名
ラプラタトウゴロウ
英名
Argentinian silverside
(スペイン語)Pejerrey

ペヘレイスペイン語 : Pejerrey、学名 Odontesthes bonariensis )は、トウゴロウイワシ目アテリノプシス科のの一種。南米ラプラタ川原産だが、日本でもいくつかの湖に移入されている。ラプラタトウゴロウという和名もある。

「ペヘレイ」という名前はスペイン語の"Pez del Rey"(ペス・デル・レイ、「王の魚」の意)に由来するとされる。ただし中南米では原産のトウゴロウイワシ類を総称して「ペヘレイ」と呼んでいて、分類は明確ではない。

特徴

成魚の全長は50cmに達し、アテリノプシス科の魚では最大種である。近縁で日本産のトウゴロウイワシと同様に鱗が堅く、2基の背鰭をもち、体側に太い銀色の縦帯がある。ただしトウゴロウイワシに比べるとずっと大型で目が小さく、吻がやや前方へ伸びている。

ラプラタ川原産といわれるが、現在では南米各地の淡水汽水域に広く分布している。日本には1966年神奈川県淡水魚増殖試験場にアルゼンチンから持ち込まれ、その後丹沢湖相模川などへの放流が行なわれた。また、霞ヶ浦の試験場でも1985年養殖実験が行なわれ、現在では同浦への定着が確認されている。1999年には、底引き網で漁獲される魚の8割を本種が占めるまでに増殖し外来種問題が危惧される状況となったが、その後は減少に転じた。また、最近は埼玉県でも養殖が行なわれている。

水域の表層で群れをなして泳ぐ。食性肉食性で、小型の魚類甲殻類水生昆虫などを捕食する。

日本での産卵期は3-6月だが、秋の産卵も報告されている。卵は付着糸があり水草などに産み付けられる。水温により性分化が決定され、水温の上昇と共にオスの比率が高まるが、分化メカニズムの詳細は解明されていない[1]。約2年で成魚になると考えられている。

利用

半透明の白身で味や食感はサヨリキスに近い。日本では刺身天ぷらムニエル等で食べられるが、流通量は多くない。相模川などでは釣り愛好家が時折釣り上げている。

原産地の南米では食用や釣りの対象魚として重要で、漁獲量も多い。セビチェ焼き魚などで食べられる。小型のものも丸揚げ等で食べられる。

参考文献

  • 川那部浩哉・水野信彦・細谷和海編『山渓カラー名鑑 改訂版 日本の淡水魚』(解説 : 鈴木規夫) 2001年 ISBN 4635090213
  • 『ペヘレイの養殖技術』著者:戸田久仁雄/利波之徳/安田直弘/鈴木 栄 監修:野村 稔 発行:緑書房 ISBN 4895311023

脚注

外部リンク