操作

ペテロ

(ヘブライ語: שִׁמְעוֹן בַּר־יוֹנָה‎, Šimʿon bar-Yônā, 古典ギリシア語: Πέτρος, Pétros, 古典ラテン語: Petrus)

[生] ?
[没] 64頃. ローマ

十二使徒の一人で,初期キリスト教の指導者。聖人。本名 Simeon; Simn。

初代教皇(在位 ?~64頃)とされる。もとはガリラヤ湖の湖畔ベツサイダの漁師でバプテスマ(洗礼者)のヨハネの弟子だったが,ヨハネがイエス・キリストを神の子と認めた翌日,兄アンデレを通じイエスの弟子となった。

ペテロの名は,イエスから与えられた名ケパ(アラム語で「岩」の意)のギリシア語訳に由来する。イエスを神の子キリストであると告白し,イエスにより十二使徒中の首位権を認められた。ゼベダイの子ヤコブや使徒ヨハネとともに最も愛された弟子だったが,性格は直情的で動揺しやすかった。イエスが捕えられたとき,師との関係を否認したが,イエスはこれを許した。

イエスの復活(キリストの復活)の最初の証人となり,教会の中心的指導者として活躍。ローマでの布教に際し皇帝ネロの迫害にあって殉教したとされる。祝日 6月29日。