actions

ベルヌーイ家

ベルヌーイ家(Bernoulli ドイツ語: [bɛrˈnʊli][1]フランス語: [bɛʁnuli][2])は、17世紀以降に活躍したヨーロッパの学者の一族。3世代のうちに8人の傑出した数学者を輩出した[3]ベルヌイベルヌーリベルヌリとも呼称される。

概略

祖先は、フランドルアントウェルペンで医師をしていたレオン・ベルヌーイ。アントウェルペンを含む南ネーデルラント(現在のベルギー)は当時カトリックスペイン領であり、息子のヤコブ・ベルヌーイはユグノー迫害から逃れるため、1570年にフランクフルトに移住した。同じくヤコブと名付けられたヤコブの孫は香辛料商人となり、1620年にスイスバーゼルに移住して市民権を得た[4]。その息子のニコラスも香辛料商人となり、マルガレーテ・シェーナウアー(Margarethe Schönauer)と結婚した。ニコラスの息子は学者一族の第1世代となった。一族で特に有名な人物は、ニコラスの息子のヤコブヨハン、ヨハンの息子のダニエルである。

代表的な人物

ニコラス・ベルヌーイ(1623年 - 1708年)には、数学の名門一族を築いた息子が3人いる。

さらに下の世代には

  • ニコラウス1世・ベルヌーイ (en(1687年 – 1759年) 数学者。
  • ニコラウス2世・ベルヌーイ (en(1695年 – 1726年) 数学者。
  • ダニエル・ベルヌーイ(1700年 - 1782年) 数学者。流体力学のベルヌーイの定理で知られる。サンクトペテルブルクのパラドックスに対して「効用」の概念を考案。
  • ヨハン2世・ベルヌーイ (en(1710年 - 1790年) 数学者、物理学者。
  • ヨハン3世・ベルヌーイ (en(1744年 - 1807年) 天文学者、数学者。
  • ヤコブ2世・ベルヌーイ (en(1759年 - 1789年) 物理学者、数学者。

家系図

 
 
 
 
 
 
 
 
ニコラス (de)
(1623–1708)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヤコブ
(1654–1705)
 
ニコラウス
(1662–1716)
 
 
 
ヨハン
(1667–1748)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ニコラウス I (en)
(1687–1759)
 
ニコラウス II (en)
(1695–1726)
 
ダニエル
(1700–1782)
 
ヨハン II (en)
(1710–1790)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヨハン III (en)
(1744–1807)
 
ダニエル II
(1751–1834)
 
ニコラウス IV
(1754–1841)
 
ヤコブ II (en)
(1759–1789)

ベルヌーイ家にちなむ名称

脚注

  1. Duden Aussprachewörter buch (Duden Band 6), Auflage 6, ISBN 978-3-411-04066-7
  2. Larousse Dictionnaire français Bernoulli
  3. David Darling Encyclopedia of Science Bernoulli family
  4. Historic Lexicon of the Swiss, Bernoulli