操作

ベネディクトゥス12世 (ローマ教皇)

ベネディクトゥス12世
教皇就任 1334年12月20日
教皇離任 1342年4月25日
先代 ヨハネス22世
次代 クレメンス6世
個人情報
本名 Jacques Fournier
出生 1285年
25px フォワ伯領サヴェルダン
死去 1342年4月25日
30px プロヴァンス伯領 アヴィニョン
その他のベネディクトゥス

ベネディクトゥス12世ラテン語:Benedictus XII, ベネディクト12世; 1285年 - 1342年4月25日)は、アヴィニョン捕囚の時期のローマ教皇(在位:1334年 - 1342年)である。

略歴・事績

フランス出身、本名はジャック・フルニエ(Jacques Fournier)。厳格な人物で、賄賂などの悪弊を禁じ、司教司教区に居住するよう求めた。また、アヴィニョン教皇庁宮殿の建設を始めた。しかし、前教皇ヨハネス22世が抱えていた神聖ローマ皇帝ルートヴィヒ4世との対立は収まらず、1338年フランクフルト帝国議会にてローマ王選挙で選ばれた王は同時に皇帝であり、教皇の戴冠は必要なしと宣言された。この選挙における教皇排斥論は、のちに、1356年金印勅書で文章化されていく。

なお、前教皇ヨハネス22世が異端として破門したフランシスコ会会士で神学者オッカム(オッカムのウィリアム)に対し、ベネディクトゥス12世もまた破門に処した[1]。オッカムの著作に『教皇ベネディクトゥス12世への反論』がある[注釈 1]

1342年4月25日にアヴィニョンにて死去する。

脚注

注釈

  1. 議論において、「必要なしに多くのものを定立してはならない」という規則(「オッカムの剃刀」)を打ち立てた。清水(2004)

出典

参考文献

  • 佐藤彰一池上俊一 『世界の歴史10 西ヨーロッパ世界の形成』 中央公論社、1997年5月。ISBN 4-12-403410-5。
  • 清水哲郎 「オッカム」『日本大百科全書』 小学館(編)、小学館〈スーパーニッポニカProfessional Win版〉、2004年2月。ISBN 4099067459。

関連項目