操作

ムッソリーニ

ベニート・ムッソリーニから転送)

ムッソリーニ Mussolini, Benito

[生] 1883.7.29. プレダッピオ,ドビア
[没] 1945.4.28. コモ湖畔ドンゴ

イタリアの政治家。師範学校卒業後,1900年社会党入党。 01年小学校教員。

12年党機関誌『アバンティ』の編集長をつとめ,当初反戦を唱えたが,第1次世界大戦勃発後,戦争支持に転じ党から除名された。大戦に従軍して負傷,19年復員兵などを集め戦闘者団 (戦闘ファッシ ) を創立,武装私兵 (黒シャツ隊) を組織し,社会主義者などを襲撃した。 21年国会議員に当選し,同年戦闘者団を国家ファシスト党に改組,その党首となった。

22年ローマ進軍を経て政権の座につき,最初から首相のほか内相,外相をつとめ,一時は7つの大臣を兼務した。また政権を掌握したほぼ全期間にわたり,陸・海・空の3軍の省をみずから押え,25年以降立法,司法両権も掌握,全体主義体制を固めた。また 35年のエチオピア侵略,36~39年のスペイン内乱への干渉など,帝国主義的政策を推進。

39年ドイツと軍事同盟を締結,40年イギリスフランスに宣戦したが,各地の戦闘で敗れ,43年失脚,逮捕,監禁された。同年9月ドイツ軍に救出され,ナチス・ドイツの傀儡政権を組織したが,45年パルチザンに愛人クララ・ペタッチとともに逮捕され,即決裁判を受け銃殺された。