操作

ヘルマン・ハインリヒ・ゴッセン

Gossen, Hermann Heinrich

[生] 1810.9.7. ノルトラインウェストファーレン,デューレン
[没] 1858.2.13. ケルン

ドイツの経済学者。ボンおよびベルリン大学で法律を学び,1834年司法官試補の試験に合格,44年国家試験に合格して陪席判事となったが,47年退職。その後はもっぱら経済学の研究に没頭し,54年唯一の著書『人間交通の発展ならびにこれにより生ずる人間行為の法則』を完成。この著は限界効用学説を初めて正確に記述したもので,消費の増加につれて追加的効用が減少すること,そして効用最大化のためには,各用途についての追加的効用が等しくなければならないことを明確にした。この限界効用逓減の法則限界効用均等の法則は,今日でもゴッセンの第1法則,第2法則と呼ばれている。しかし本書は彼の生存中には世の注目をひくにいたらず,死後 W.ジェボンズ,L.ワルラスらによって初めてその学説が高く評価されるにいたった。