actions

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』(プロテスタンティズムのりんりとしほんしゅぎのせいしん、Die protestantische Ethik und der 'Geist' des Kapitalismus

マックス・ウェーバーが1904年から05年にかけて『社会科学と社会政策のアルヒーフ』誌に発表した論文。この論文において、彼は、カルビニズムやピューリタニズムなどの禁欲的プロテスタンティズムの倫理が、西欧特有の現象としての近代資本主義の精神的支柱となったと論じた。彼がとくに強調するのは、二重予定説という「恐るべき教説」の心理的影響である。これがために、信徒は、「救いの確かさ」の確証を、神から課せられた「使命」(ベルーフ)としての世俗内職業労働への専心のうちに自ら求め、非合理的衝動や欲求を厳しく自己統制し、生活を徹底して合理化するに至った(現世内禁欲)。これが経営および労働の組織的合理化をもたらしたというのである。

脚注



楽天市場検索: